レッド・ツェッペリンのヴォーカリスト、初評伝! 『ロバート・プラント~A LIFE~』 11月21日発売!

レッド・ツェッペリンは、1968年の結成から1980年の解散までに、全世界で3億枚以上のレコードを売り上げた。
ロバート・プラントは、そんな史上最高のバンドの“輝ける神”として君臨した。幼少期、音楽とファッションに
のめりこんだ青年時代、突然の成功、そして息子や友人の悲劇的な死。たぐいまれなる才能と、驚くべき不屈の精神、
並はずれた強い信念を持つプラントの人生が、いま克明に語られる。

●第1部 萌芽の時代
第1章 ブラックカントリー/第2章 悪魔の音楽/第3章 モッズの王様/第4章 風船売り/第5章 絶望の淵
●第2部 飛翔の時代
第6章 ドカーン! ドカーン! ドカーン!/第7章 ヴァルハラ/第8章 ブロンドのエルヴィス/第9章 ソ
ドムとゴモラ/第10章 クラッシュ/第11章 ダークネス・ダークネス/第12章 ドアの内側へ
●第3部 ソロの時代
第13章 悪魔ばらい/第14章 シー・オブ・ラブ/第15章 トール・クール・ワン/第16章 十字路/第17章 グッド・タイムズ・バッド・タイムズ/第18章 ダウン・フロム・ザ・マウンテン/第19章 再生/第20章 ゴーン・ゴーン・ゴーン/第21章 ジョイ/第22章 最終楽章

■著者:ポール・リース/訳者:水島ぱぎい

【著者プロフィール】
ポール・リース(Paul Rees):30年以上のキャリアを持つ音楽ライターとして、高く評価されている。『サンデー・タイムズ紙』『テレグラフ紙』『インディペンデント紙』『Q』など、世界の有名各誌で記事を執筆。英国の伝統ある有力音楽誌『Q誌』と『ケラング!』では、12年間編集者もつとめた。ロバート・プラントには“いいやつ”と認められている。子どものころからのツェッペリン・ファン。

水島ぱぎい(しま・ぱぎい):岐阜県在住。南山大学外国語学部英米科で言語学を専攻。卒業後、自動車部品メーカー、旅行会社、英会話スクール勤務を経て、翻訳業にたずさわる。寄り道、まわり道、道草をしながら、翻訳の道を歩いている。訳書にグラハム・ホワイト著『迷路アドベンチャー』シリーズ(文渓堂)など。好きな言葉は“明けない夜はない”。“ぱぎい”はインドネシア語で朝を意味する“Pagi”から。

『ロバート・プラント~A LIFE~』
定価:2,900円(本体価格)
仕様:A5判縦/328ページ
発売日:2014年11月21日
ISBN:978-4-636-90500-7
商品ページ: http://www.ymm.co.jp/p/detail.php?code=GTB01090500

【本商品に関するお問い合わせ】
(株)ヤマハミュージックメディア出版部
TEL:03-6894-0250 http://www.ymm.co.jp/
main image
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ヤマハミュージックメディア
  4. >
  5. レッド・ツェッペリンのヴォーカリスト、初評伝! 『ロバート・プラント~A LIFE~』 11月21日発売!