【プレスリリース】イラク 大規模ポリオ予防接種キャンペーンを開始

国内避難民、シリア難民の子ども400万人を対象

ポリオの予防接種を受ける女の子。©UNICEF Iraq/2014/Brecher



※本信は ユニセフ本部の情報を、日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、独自に
編集したものです
※原文は http://www.unicef.org/media/media_74743.html でご覧いただけます


【2014年8月11日 エルビル(イラク)/アンマン(ヨルダン)発】

イラクで4日間に及ぶ大規模なポリオ予防接種キャンペーンが開始されました。
国内にいる5歳未満の子ども400万人以上が対象です。ポリオは手足が麻痺する恐れの
ある感染症です。

本キャンペーンは、イラク保健省がWHO(世界保健機関)とユニセフの支援を受けて
実施します。イラクでは、今年初めに14年ぶりとなるポリオの感染が確認されており、
その対策の一環として行われます。


ユニセフ・イラク事務所代表のマルツィオ・バビルは「暴力と混乱から逃れようと、
子どもたちが国内を大幅に移動している難しい時期に、本キャンペーンは実施
されます。ポリオを封じ込めることは、ユニセフにとって最優先事項です。すべての
子どもにポリオの予防接種を行い、麻痺から守らねばなりません」と述べました。

予防接種は、紛争地域や避難者が身を寄せている地域、また避難者を受け入れている
住民たちも含めて、すべての子どもたちを対象に実施されます。イラク国内では現在、
国内での戦闘などで今年初めから120万人近くが自宅を離れ、避難生活を送っていると
みられています。このうち約20万人は、クルド自治区でわずかこの3日の間に避難した
人たちです。そしてそのうち、半数にあたる10万人ほどが子どもだと推定されています。

WHOイラク事務所のシド・ジャファ・フセイン代表は「暴力が広まるにつれ、家族と
共に避難する子どもの数は3倍にも膨れ上がりました。子どもたちは多くの人たちと
身を寄せて生活しています。こうした環境では、感染症に感染するリスクが高まります。
WHOは、イラク保健当局とパートナー団体とともに、厳しい環境にある住民たち、特に
子どもたちをポリオから守るべく、活動しています」と述べました。

ポリオの予防接種を受けた子どもの指につけられる紫色の印を見せる子どもたち。©UNICEF Iraq/2014/Wathiq Khuzaie


イラクで14年ぶりとなるポリオの感染が確認された背景には、特に紛争地域で家族や
子どもたちに予防接種を行うことが難しく、子どもたちが予防接種を受けられなかった
ことがあげられます。つまり、ワクチンで予防可能な四肢の麻痺や治療不可能な病気が、
イラクではより広く発生する恐れが起きています。WHOとユニセフはイラク保健当局を
支援し、クルド自治区の3州を含む12州において、予防接種を行います。クルド自治区
では、約25万人のイラクの子どもとシリア難民の子ども12万5,000人が生活をしています。

「イラクはWHOとユニセフによる総合ポリオ対策計画の対象となっている7カ国のひとつ
です。この計画は、地域の子どもたち2,500万人を対象としており、複数回ワクチンを
投与します。すべての子どもたちに予防接種を行い、ポリオを根絶すべく、あらゆる
ことをせねばなりません」と、WHOポリオ根絶マネージャーのクリス・マヘール氏は
述べました。


■参考情報:イラク及びシリアでのポリオ発生について

イラクでは、2014年3月30日、首都バグダッドのルサファ地域で暮らす子どものポリオ
の感染が発見されたことで、イラクの保健省がポリオの発生を宣言。4月7日に同じく
バグダッドで、ポリオによる麻痺症状を発症した子どもが確認され、ポリオ感染2例目
となりました。

シリアでは、2013年10月に1999年以来となるポリオの感染を確認。今年7月時点で、シリア
国内では36の感染例が確認されています。

WHOは今年5月、シリアやイラクなどでのポリオの感染を受け、「国際的に懸念される公衆
衛生上の緊急事態」を宣言、各国に予防接種の徹底など警戒を呼び掛けています。

ユニセフとWHOは、こうした状況を受け、中東地域の歴史上最大規模で実施されたポリオ
予防接種キャンペーンを実施。7月22日に共同で、報告書『ポリオ:中東地域での発生~
シリア危機によってふたたび現れた脅威(Polio: Outbreak in the Middle East - War
in Syria Opens the Door to an Old Enemy)』を発表し、ポリオ予防接種キャンペーンの
第1段階が完了したことを報告しました。中東7カ国で37回にわたって実施された
キャンペーンにより、5歳未満の子どもたち2,500万人が予防接種を受けることができました。

詳細は以下でごらんいただけます。http://www.unicef.or.jp/kinkyu/syria/2014_0722.html




■ 本件に関するお問い合わせ
日本ユニセフ協会 広報室
TEL:03-5789-2016  FAX : 03-5789-2036  Eメール:jcuinfo@unicef.or.jp
または
Juliette Touma, ユニセフ中東・北アフリカ地域事務所(在アンマン)広報官
Office: +962-6-550-2400 ext. 524, Mobile +962-79-867-46-28, jtouma@unicef.org
Karim El-Korany, ユニセフ・イラク事務所(在バグダッド)広報官
kelkorany@unicef.org +964-780-92-585-42
Bahaaeldin Elkoussy, WHO polio programme, elkoussyb@who.int +201006019316
Ajyal Al-Sultany, WHO Iraq, sultanya@who.int +964 7809 269 506

■ユニセフについて
ユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)は、すべての子どもの権利と健やかな成長を促進
するために活動する国連機関です。現在190の国と地域※で、多くのパートナーと協力し、
その理念を様々な形で具体的な行動に移しています。特に、最も困難な立場にある子ども
たちへの支援に重点を置きながら、世界中のあらゆる場所で、すべての子どもたちのため
に活動しています。(www.unicef.org)

※ユニセフ国内委員会(ユニセフ協会)が活動する36の国と地域を含みます
※ユニセフの活動資金は、すべて個人や企業・団体からの募金や各国政府からの
任意拠出金で支えられています

■日本ユニセフ協会について
公益財団法人 日本ユニセフ協会は、先進工業国36の国と地域にあるユニセフ国内委員会
のひとつで、日本国内において民間として唯一ユニセフを代表する組織として、ユニセフ
活動の広報、募金活動、政策提言(アドボカシー)を担っています。 (www.unicef.or.jp)
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 公益財団法人日本ユニセフ協会
  4. >
  5. 【プレスリリース】イラク 大規模ポリオ予防接種キャンペーンを開始