トランスコスモス、海外70拠点目となるオペレーションセンターをフィリピンに設立

フィリピン国内外の市場にアウトソーシングサービスを提供、ASEANでの事業展開を加速

トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝、証券コード:9715、以下、トランスコスモス)は、新たな海外拠点としてフィリピンに、transcosmos Asia Philippines, Inc.(本社:マニラ首都圏、以下、トランスコスモス フィリピン)を設立し、2014年9月より事業を開始しました。

トランスコスモス フィリピンは、フィリピン市場向けに、コンタクトセンターやバックオフィス業務などのBPOサービスを提供するほか、スマートフォンサイトやアプリの開発・運用サービスを提供します。 また、グローバル市場向けに、英語を主要言語としたコンタクトセンターサービスなどをオフショアで提供します。

■トランスコスモス フィリピン会社概要
名称: transcosmos Asia Philippines, Inc.
代表: 代表取締役社長 山下秀毅
所在地: マニラ首都圏
設立年月日: 2013年12月
席数: 144席
事業内容: コンタクトセンターサービス、BPOサービス、
スマートフォンサイト・スマートフォンアプリ開発・運用サービス
対応言語: 英語、フィリピン語、その他

トランスコスモス フィリピン 代表取締役社長 山下秀穀は以下のとおりコメントしています。
「フィリピンは、約1億の人口規模と7%前後の経済成長率で注目を集めている市場です。トランスコスモス フィリピンは、フィリピン市場に進出するグローバル企業や現地企業、そしてオフショアでのアウトソーシングを検討されているお客様企業に、コンタクトセンターをはじめとしたさまざまなサービスを提供し、オペレーショナル・エクセレンスを追求していきます。将来は、ECワンストップサービスやアナリティクスサービスの展開も目指し、お客様企業の売上拡大・コスト削減を支援するサービスの拡充に努めていきます。」

トランスコスモス フィリピンの設立により、トランスコスモスが展開するグローバル拠点は70拠点となり、ASEAN地域では、タイ、インドネシア、ベトナムに続く4カ国目の進出となります。トランスコスモス フィリピンは、2018年度までに20億円の売上を目指します。

※トランスコスモスは、トランスコスモス株式会社の日本及びその他の国における登録商標または商標です
※その他、記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です

(トランスコスモス株式会社について)
私たちは1966年の創業以来、優れた「人」と最新の「技術力」を融合し、より付加価値の高いサービスを提供することで、お客様企業の競争力強化に努めて参りました。コンタクトセンターサービスをはじめ、ビジネスプロセスアウトソーシングサービス、デジタルマーケティングサービスなど、それぞれのサービスを単独、または融合させることで、お客様企業にマーケティングの最適化および効率化、EC・通販事業などの売上拡大や、バックオフィスや情報システム運用などの業務効率向上とコスト削減を実現する、総合的なITアウトソーシングサービスを提供しております。さらに、これらのサービスは国内だけでなく、アジアを中心に、グローバルに展開しております。私たちは高品質なアウトソーシングサービスを世界規模で提供する、お客様企業の「Global IT Partner」を目指しています。(URL: http://www.trans-cosmos.co.jp)
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. トランスコスモス株式会社
  4. >
  5. トランスコスモス、海外70拠点目となるオペレーションセンターをフィリピンに設立