DisplayPort1.2・HDMI1.4間でシームレスな接続と強化されたマルチメディア体験を実現

main image
~ コンスーマ・企業向けオーディオ・ビジュアル・アプリケーションにおいて、
急成長中の2種類のデジタル・ディスプレイ・インタフェースが高度に融合 ~

エレクトロニクス分野の多種多様なアプリケーションに半導体を提供する世界的
半導体メーカーで、マルチメディア・コンバージェンスをリードする
STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、コンピュータおよびコン
スーマ機器分野で最も広く使用されている2種類のデジタル・ディスプレイ・
インタフェース(DisplayPortおよびHDMI)間のオーディオ・ビデオ信号
を管理する、世界初の高速アクティブ型プロトコル双方向コンバータ・ファミリ
Mystiqueを発表しました。

Mystiqueは、現時点で最も先進的なオーディオビデオ・コンバータ・システム・
オン・チップ(SoC)です。HDMI 1.4およびDisplayPort 1.2のフォーマット間に
おける独自の双方向変換により、Blu-rayプレーヤ、ゲーム機、ドッキング・
ステーション、ノートPC、タブレット、デジタル・サイネージ、および
Thunderbolt搭載機器を含む、コンスーマ・企業向けの様々なコンピュータや
マルチメディア機器間でシームレスな接続が保証されます。また、市場でも
ユニークなSTのコンバータは、新しい超高解像度4K x 2Kディスプレイ
(4096 x 2160p : Full HDの4倍に相当)や7.1チャネル・サラウンド・サウンド
への対応により、究極のマルチメディア体験を可能にします。

MystiqueはDisplayPort 1.2(High Bit Rate 2)の入出力(データ転送速度:
1レーン当り5.4Gpbs)に対応しており、わずか2組のデータ・ペアによるFull
HD 120Hz TVの信号伝送が可能で、製品設計におけるケーブル・部品コスト
ならびに信号配線スペースを最小化します。機器メーカ各社は、企業、モバイル
および家庭向けにHDMIとDisplayPortの両規格をサポートする外付けドングルや
ドッキング・ステーションを開発することにより、既存製品から新製品まで
幅広く接続性を拡張することができます。

DisplayPort・モニタ ビジネス・ユニットのディレクターである
Amir Sheikholeslamiは、次の様にコメントしています。「高解像度ビデオ・
インタフェース規格であるDisplayPortの開発と普及をリードしてきたSTは、
新しいMystiqueによってDisplayPort対応製品をさらに拡充させます。これらの
『ブリッジ』製品は、次世代の超高解像度ディスプレイにおけるシームレスな
接続とユーザ体験の強化を可能にします。」

Mystiqueは、全ての主要グラフィックス・ボード / テスト機器メーカーに最高
クラスの互換性とリファレンス規格を提供してきた実績のある、STの先進的
DisplayPort技術を採用しています。新しいDisplayPort 1.2規格では、データ
帯域幅が最大21.6Gbpsに拡大され、単一ケーブルを介したマルチ・ストリーム
伝送による「デイジー・チェーン」および「タイル」ディスプレイ・
アプリケーションが可能です。また、モバイル製品分野に対しても最高の
無線周波妨害対応を提供します。市場調査会社である
In-Stat社( http://www.in-stat.com )は、外付けDisplayPortインタフェース
向けのソース・デバイスの出荷が、2014年に4億個に達すると予想しています。

Mystiqueの特徴
・DisplayPort 1.2 / HDMI1.4デュアル・モード準拠トランスミッタおよび
 レシーバ
・RGB・YUVビデオ・フォーマット:最大16bit/カラーのディープ・カラー対応
・HDCP(High-Bandwidth Digital Content Protection)1.3対応、
 チップ内蔵キーおよびHDCPリピータ機能搭載
・適応型イコライゼーションおよびプリエンファシスによる長尺ケーブル対応
・スペクトラム拡散技術による電磁干渉低減
・Embedded DisplayPort(eDP)認証
・4Kx2K / 3D FHD 120Hzビデオ、フレーム・シーケンシャル形式および
 トップ・アンド・ボトム形式間の変換
・オーディオおよび高ビット・レート・オーディオ対応 : 最大7.1CH、
 32kHz~192kHz
・低消費電力での最適動作

Mystiqueファミリには、HDMI 1.4 / Dual-Mode DisplayPort(DP++)コンバータ
の STDP2600、DisplayPort 1.2 / HDMI 1.4コンバータのSTDP2650、および
DisplayPort 1.2 / Dual-Mode DisplayPort(DP++)コンバータのSTDP2690が
含まれています。現在、全製品がサンプル出荷中です。

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、Sense & Powerおよびマルチメディア・コンバージェンス分野の多種多様
なアプリケーションに半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。
エネルギー管理・省電力からデータ・セキュリティ、医療・ヘルスケアから
スマート・コンスーマ機器まで、そして、家庭、自動車、オフィスおよび仕事や
遊びの中など、人々の暮らしのあらゆるシーンにおいてSTの技術が活躍して
います。STは、よりスマートな生活に向けた技術革新を通し、「life.augmented」
の実現に取り組んでいます。2011年の売上は97.3億ドルでした。さらに詳しい
情報はSTのウェブサイト( http://www.st-japan.co.jp )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
デジタル製品グループ
TEL: 03-5783-8340 FAX: 03-5783-8216

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. STマイクロエレクトロニクス
  4. >
  5. DisplayPort1.2・HDMI1.4間でシームレスな接続と強化されたマルチメディア体験を実現