【神戸メリケンパークオリエンタルホテル】11月1日は、灯台記念日。日本で唯一の「ホテルに建つ公式灯台」を一般公開!

旧オリエンタルホテルから引き継いだ灯台を特別公開

神戸メリケンパークオリエンタルホテル(所在地:兵庫県神戸市中央区/総支配人:荒木潤一)は、11月1日の「灯台記念日」にホテルの最上階バルコニーに建つ灯台を特別一般公開いたします。この灯台は海上保安庁から正式に認可を受けており、1995年7月のホテル開業以来20年間、現役の灯台として神戸港を行き交う船の安全を見守り続けています。

普段は一般開放していない灯台ですが、ぜひこの機会にご覧ください。海抜およそ55mに位置する灯台を間近でご覧いただけます。

海図にも記載されている神戸メリケンパークオリエンタルホテル灯台

 

赤・緑の点灯を繰り返す灯台

 


<日本で唯一の「ホテルに建つ公式灯台」公開>

■日時:2015年11月1日(日)15:00~17:00
※雨天決行、荒天時中止
■場所:14階 南側バルコニー
予約不要、参加費無料
問い合わせ 078-325-8111 (ホテル代表)


<灯台記念日とは>
1868年11月1日に日本最初の西洋式灯台が観音埼(横須賀市)で起工されたのを記念し、1949年に海上保安庁が日本の記念日として制定しました。毎年この日を中心に、各地の灯台で記念行事が行われています。

<神戸メリケンパークオリエンタルホテル灯台の歴史>
1964年、旧オリエンタルホテルが中央区京町に移転した際「港町 神戸のシンボルに」と、日本で初めてホテルの屋上に設置。1995年の震災で旧オリエンタルホテルは全壊し、休止をやむなくされました。

しかし、同年7月に開業が決まっていた神戸メリケンパークオリエンタルホテルへの移設が決定。灯台は存続することになりました。1995年(平成7年)7月7日に行われた点灯式では、午後7時7分に神戸の復興を願う777発の花火があげられ、その日から再び海の安全を見守り続ける灯台として神戸の海を照らし続けています。

 

神戸メリケンパークオリエンタルホテル


<神戸メリケンパークオリエンタルホテルについて>

1995年7月15日、三方を海に囲まれたロケーションに誕生した波をイメージする白亜のリゾートホテル。神戸ポートタワーや神戸海洋博物館など、誰もが一度は見たことのある神戸らしい風景を望み、319の全客室に設けられたバルコニーからは、きらめく海や街の夜景など、時間ごとに表情を変える景色を一望。潮風を浴びながら、まるで優雅な船旅のようなご滞在をお楽しみいただけます。敷地内には旧オリエンタルホテルから移設された日本で唯一のホテル内公式灯台があり、今も神戸港を照らしています。


神戸メリケンパークオリエンタルホテルはアビリタス ホスピタリティのグループホテルです。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. アビリタス ホスピタリティ
  4. >
  5. 【神戸メリケンパークオリエンタルホテル】11月1日は、灯台記念日。日本で唯一の「ホテルに建つ公式灯台」を一般公開!