『PiKAPiKA×So-net Project』「第12回アジア太平洋広告祭(ADFEST2009)」WEB部門において、銀賞を受賞

~ペンライトとデジタルカメラを駆使して作り上げたライトパフォーマンスアート~

http://pikapikaproject.blog.so-net.ne.jp/

ソネットエンタテインメント株式会社(サービス名称「So-net」、以下So-net)が提供する『PiKAPiKA×So-net Project』は、アジア最大の広告祭「第12回アジア太平洋広告祭(ADFEST2009)」(3月19~21日、会場:タイ・パタヤ)のWEB部門(Cyber Lotus)において、銀賞を受賞しました。
main image
 「第12回アジア太平洋広告祭(ADFEST2009)」は、1998年に創設されたアジア最大の広告祭で、アジア広告協会連盟(AFAA)の後援によって運営され、世界でも権威ある広告賞のひとつとされています。今年は、テレビ、プレス&ポスター、アウトドア、ダイレクト、サイバー、フィルムクラフト、プリントクラフト、ラジオ、360°、イノバ、ニューディレクター、デザインの全12部門で合計3,309作品のエントリーがありました。

 『PiKAPiKA×So-net Project』は、クリエイティブディレクター内山光司氏*1とクリエイティブ・ユニット「TOCHKA」*2によるペンライトとデジタルカメラを駆使して作り上げたライトパフォーマンスアートのエンタテインメントムービー「PiKAPiKA THE MOVIE ~Go! Go! PiKAPiKA!!~」を、オフィシャルブログ上で公開しているものです。

 「楽しい光」をキーワードとするSo-net は、“PiKAPiKA”が表現する光のパフォーマンスに共感し、「光でみんなをハッピーに!」をコンセプトに、共同で「PiKAPiKA×So-net プロジェクト」を展開。2008年3月7日の初公開より、現在まで全世界で約140万アクセスを記録しています。

 So-net では、オフィシャルブログを通じて“PiKAPiKA”作品の制作方法の紹介など、同プロジェクトを通じて彼らの活動をサポート。多くのユーザーに、このパフォーマンスアートを広め、楽しさを共有しています。

*1 クリエイティブディレクター内山光司氏(GT,Inc.)
クリエイティブディレクター。主に広告キャンペーンの分野でディレクションを行っています。広告の既成概念に捕らわれない、メディアとコンテンツを繋ぐ革新的な発想で、WEBを中心に活動。これまで手掛けた作品に、NTT東日本「ガッチャマン(web)」、Sony「CamCamTime」日本コカ・コーラ「Georgia City」、マイクロソフトXbox 360「Big Shadow Project」など。カンヌ広告祭金賞、Asia Pacific Advertising Festivalグランプリ、東京インタラクティブ・アド・アワード グランプリ、文化庁メディア芸術祭優秀賞、One show Interactive Gold Pencil、 New York ADC、D&AD Awards等受賞多数。

*2クリエイティブ・ユニット「TOCHKA」
モンノカヅエ、ナガタタケシを中心とし、実験的手法を用いアニメーション/コミック/イラストなどを製作する、クリエイティブ・ユニット。1998年活動開始。1999年 マルチメディアグランプリCG部門ベストジングル賞受賞、2000年仏アヌシー国際アニメーション映画祭ノミネート他各賞受賞。MTVやキッズステーション等ユース向けのジングル/音楽PV/ゲームムービー等を多数制作、多数の上映会やコラボレーション・プロジェクトにも参加しています。第10回文化庁メディア芸術祭で優秀賞を受賞。現在神戸のC.A.P.(芸術と計画会議)の一員。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
参考 『PiKAPiKA×So-net Project』
「PiKAPiKA THE MOVIE ~Go! Go! PiKAPiKA!!~」 ムービー概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. 視聴方法:
     「PiKAPiKA×So-netプロジェクト」オフィシャルブログ
(http://pikapikaproject.blog.so-net.ne.jp/)にて、どなたでも無料で閲覧いただけます。

2. 作品のストーリー:
いたずら好きなPiKAPiKAたちがどこからともなく現れ、東京の夜をつまらなさそうに
過ごしている人々を幸せにしていく小さな物語のオムニバスが、4分間のムービーに
まとめられています。

3. 作品の特徴:
制作に当たり、映像の加工やコンピュータ・グラフィックスを一切使用しておりません。 
シャッタースピードを通常より長く設定した固定カメラで、ペンライトを使った光の画を
撮影し、写真を1コマずつ連続して、編集した映像です。



以上

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
  4. >
  5. 『PiKAPiKA×So-net Project』「第12回アジア太平洋広告祭(ADFEST2009)」WEB部門において、銀賞を受賞