楽天トラベル、「男一人旅に人気の国内温泉地ランキング」を発表

- 男ひとりで過ごす温泉旅、1番人気は昨年新幹線開業などで話題になった北陸エリアに -

 楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、旅行予約サイト「楽天トラベル」( http://travel.rakuten.co.jp/ )にて、男性が選ぶ「男一人旅に人気の国内温泉地ランキング」(※)を発表いたしました。
 


「男一人旅に人気の国内温泉地ランキング」
ランキングの詳細は以下URLをご参照ください。
 http://travel.rakuten.co.jp/ranking/special/otoko-hitoritabi/

 

1位 福井県 あわら温泉
2位 岩手県 花巻温泉
3位 神奈川県 箱根湯本温泉
4位 北海道 湯の川温泉
5位 鹿児島県 指宿温泉
6位 岩手県 花巻南温泉峡
7位 静岡県 伊東温泉
8位 愛媛県 道後温泉
9位 大分県 別府温泉郷
10位 岐阜県 下呂温泉

「男一人旅に人気の国内温泉地ランキング」で第1位に輝いたのは、福井県の「あわら温泉」となりました。「あわら温泉」は2015年に開湯130周年を迎え、同年3月の北陸新幹線開業による交通の利便性向上や、北陸3県とJRなどが昨年10月から12月に展開した観光企画「北陸デスティネーションキャンペーン(北陸DC)」の効果もあり、全国的に注目の温泉地となりました。えちぜん鉄道「あわら湯のまち駅」のロータリー前には、屋台形式の飲食店が立ち並ぶ「湯けむり横丁」があり、一人旅でも気軽に立ち寄れる、人気のスポットとなっています。
 

2位にランクインしたのは、宮沢賢治の故郷としても知られる岩手県花巻市の「花巻温泉」。同温泉地にある花巻温泉郷県立自然公園は、宿泊施設からも一望できる、約1000本の桜が人気です。また、落ち着いた町並みの雰囲気のなかに並ぶ大型ホテルでは、郷土芸能や舞踊などの催しが頻繁に開催され、一人旅でも楽しめる“おもてなし”を感じることができます。



 

3位には神奈川県の「箱根湯本温泉」がランクインしました。開湯は奈良時代と古い歴史をもち、毎日約8,000トンもの湧出量を誇る「箱根湯本温泉」は無色透明で無味無臭な泉質なので、入浴しやすい温泉として親しまれています。箱根湯本駅近くには、立ち寄りで入ることができる温泉施設も充実しており、男ひとりで時間を気にすることなくお気に入りの温泉を楽しめるのも人気の理由です。


「男一人旅に人気の国内温泉地ランキング」は以下URLからもご覧いただけます。
http://travel.rakuten.co.jp/ranking/special/otoko-hitoritabi/

 

※ 抽出条件は以下の通りです。
楽天トラベルで「一人旅」のキーワードを含む宿泊プランを利用した、男性1名利用の人泊数実績をもとに算出。
対象期間(宿泊日ベース):2015年1月1日~2015年12月31日

 
【記事や写真の転載・利用ご希望の方へ】
本記事や写真、ランキングなどを転載、利用するには、原則として事前にご連絡いただけますようお願いいたします。また、下記のURLを必ず掲載いただきますよう併せてお願いいたします。 
http://travel.rakuten.co.jp/ranking/special/otoko-hitoritabi/

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 楽天株式会社
  4. >
  5. 楽天トラベル、「男一人旅に人気の国内温泉地ランキング」を発表