Twitterから話題に!この冬の鍋をもっと楽しく♪「大根おろしアート」の本、発売

株式会社主婦の友社は、10月10日(金)に大根おろしを使ったユニークでかわいいアイディアを収録した『大根おろしアート』(http://goo.gl/FQVqOY)を発売いたします。

 「大根おろしアート」は2013年12月、Twitterにアップされた白くまの写真から始まりました。本書は大根おろしアートの第一人者、きみまろっくさんの作品10点(新作5点)と、大根おろしアートの世界にハマった人たちの作品、計42作品を収録。基本の作り方やポイントも解説し、見ても、作っても楽しいアートレシピBOOKとなっています。


肌寒くなってきたこの時期にぴったり。あったかいお鍋をもっと楽しむためのアイディア満載♪

 きみまろっくさんが白くまを大根おろしで作ったきっかけは、友人の誕生日パーティーで白くま好きな友人のためだったそうです。安価で入手しやすい大根は簡単にかわいい作品ができ、おもてなしにもぴったりということで、SNS上で瞬く間に話題となりました。

▲ブームの火付け役・白くま。テレビやYahoo!ニュースでも取り上げられました。


作り方は簡単!大根さえあればスグできる♪
 基本のアイテムは、大根、大根おろし器、目や鼻に使用するのり。ピンセットや洋裁用はさみがあるとよりスムーズになります。
 しっかりと水気をきった大根おろしで各パーツを作り、水分多めの大根おろしを接着剤がわりにして組み立てます。焼きのりを目や鼻に見立てて切り、貼り付ければ完成。
 家族や友だちとなべを囲むとき、ひとりなべで味気ないと感じたとき、大根おろしアートがあるだけでなべをもっと楽しむことができます。


つぶらな瞳がたまらない! 大根おろしアーティスト きみまろっく編

【「白くま」に続く2作目!キングオブ愛され動物!!】

≪パンダ≫

白くまを見た妹に「次は私の好きなパンダを作って!」というリクエストに応えて作られた作品。頭は大きめの方がでっぷり感が出てよりかわいらしくなります。




【ネットで話題だったアルパカを大根おろしアートで再現!】


≪イケメンすぎるアルパカ≫

アルパカの頭の毛をとろろ昆布でふわっと再現したアイディアは脱帽もの!首部分は、大根スティックをなべの具にさして安定させます。




【粗めの大根おろしで毛なみのモフモフ感を表現!】

≪ひつじ≫

水菜で草原を、きのこで木々を表現。ひつじのモフモフ感を出すために、粗いものと細かい大根おろしをうまく使い分けています。




ハマる人続出!! 大根おろしアート World 話題の作品編

【食べるのがもったいない!かわいいカピバラ親子】

≪カピバラ家族のゆず湯≫

大根おろしにしょうゆを加えて茶色に。露天風呂に浸かっているカピバラを再現。  

作:石原悠子




【納得の完成度!!「マルコメに親しみを」】

≪マルコメ君≫

マルコメ株式会社自らが大根おろしアートに挑戦。さすがは食品メーカー!完成度も違います!  

作:マルコメ株式会社




【難易度★5!賃貸のことならおまかせ!?】

≪チンタイガー≫

賃貸物件検索サービス『CHINTAI』のマスコットキャラクターを再現。青い食紅を用いた珍しい作品。

作:中道薫/ノオト  協力:CHINTAI情報局




【アラフォーならわかる!!ポートピア連続殺人事件アート!!】

≪犯人はヤス≫

30~40代のファミコン世代にはたまらない「ポートピア連続殺人事件」の大根アート!作者の家族には「気持ち悪い」と不評だったとか。

作:ぴろこ




■■■書籍概要■■■

タイトル:大根おろしアート
発売日:10月10日(金)
定価:本体900円+税
ISBN:978-4-07-297804-7
著者:主婦の友社編




本件に関するお問い合わせ先
株式会社主婦の友社 広報宣伝課
TEL 03-5280-7577
FAX 03-5280-7578
pr@shufutomo.com

 

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社主婦の友社
  4. >
  5. Twitterから話題に!この冬の鍋をもっと楽しく♪「大根おろしアート」の本、発売