【報道参考資料】中央アフリカ共和国 ユニセフ、蚊帳50万帳以上を配布 

避難民を襲う豪雨 - 増大する感染リスク

バンギの避難所で配布された蚊帳のなかで横になる赤ちゃん。© UNICEF/NYHQ2014-0408/LeMoyne



※本信はユニセフ本部が発信した情報を日本ユニセフ協会 広報室が翻訳、独自に
編集したものです
※原文は http://www.unicef.org/media/media_75047.html でご覧いただけます


【2014年8月27日 バンギ(中央アフリカ共和国) 発】

ユニセフとパートナー団体は、中央アフリカ共和国の首都バンギで50万帳を超える
蚊帳を配布し、すべての家庭がマラリアから命を守ることができるよう、支援を
届けました。マラリアは中央アフリカ共和国の5歳未満児の主要な死因です。

現在の降り続く豪雨によって、マラリア蔓延のリスクが著しく増加しています。
マラリアの感染から子どもたちを守るため、ユニセフと国内の赤十字は、保健省
の協力の下、7,000人を超えるボランティアによる戸別訪問を通じて、わずか
1カ月の間に53万帳以上の蚊帳を各家庭に配布しました。

ユニセフ・中央アフリカ共和国事務所のスリマン・ディアベット代表は、
「連日、土砂降りの雨が降っています。ボランティアの方々は、不安定な状況
にも屈せず、連日各家庭を訪問し、この死の病から命を守るために必要な蚊帳を
配布しています」

中央アフリカ共和国では、年間およそ46万人がマラリアの脅威にさらされており、
マラリアによる死亡数は2010年以降、増加の一途をたどっています。国内の
北西地域においては、昨年5月から7月の間に死亡した子どもの死亡原因の70%が
マラリアに起因しています。蚊帳を適切に使うことにより、マラリアによる
死亡数を50%減少でき、すべての要因による子どもの死亡数も、平均で20%
減少できる可能性があります。

「1日に1食の温かい食事をとる財政的な余裕さえもない多くの家庭を、
私は知っています。そういった家庭には、蚊帳を買うお金などありません。
だからこそ、蚊帳の配布は命を救う支援なのです」と、国内赤十字のバレリー・
ンボンド氏は語ります。

今年後半には、国際赤十字によって、他の地域の家庭にも蚊帳が配布される
予定です。

ユニセフは、現在も発生している中央アフリカ共和国の人道危機に対し、今後も
支援を続けていきます。国内では、およそ230万人の子どもたちが喫緊に支援を
必要としています。

これまでに、ユニセフ・中央アフリカ共和国事務所には、保健分野の支援活動に
必要な資金の半分が提供されています。マラリアのように、容易に感染予防が
できるものの、感染すれば死に至る可能性がある病気から子どもたちの命を
守るため、ユニセフは1億300万ドル(105億600万円 ※1米ドル=102円で換算)
の追加支援を国際社会に要請しています。




* * *

■参考:中央アフリカ共和国 情勢レポート (2014年8月6日 バンギ 発)

2014年7月の情勢レポートから、現地の状況とユニセフの活動をお伝えします。

<数字で見る概況>
・影響を受けている子ども 230万人(OCHA 2014年5月13日)
・影響を受けている人  460万人(OHCA 2014年7月31日)
・支援を必要とする人  250万人(OHCA 2014年7月31日)
・国内避難民  52万7,000人(OHCA 2014年7月31日)
・国外へ避難した人  16万4,000人
(昨年12月以降、周辺4カ国:UNHCR 2014年7月25日)

・ユニセフ必要支援額(2014年) 8,100万米ドル
(約82億6,200万円 ※1米ドル=102円で換算)
・調達された資金額 3,100万米ドル
(全体の63%が不足/2014年7月31日時点)


<ハイライト>
・7月29日、西部のウハム州Bagangafoにて、Boucaから来たアンチバラカが
旧セレカを攻撃
約30名が殺害との報道、うち2名はMISCA(中央アフリカ国際支援ミッション)
の兵士、負傷者多数
これにより、1万2,000名から1万5,000名が避難したとみられる

・7月23日、コンゴ共和国のブラザビルで行われたフォーラムに、旧セレカと
アンチバラカの代表も参加
暴力敵対協定に署名したものの、その後も武装勢力間の衝突が続いている

・7月7日~8日、南部のワカ州のバンバリの避難所が旧セレカの攻撃を受け、
27名が死亡、35名が負傷
避難所にいた人たちは主にフランス軍部隊の敷地に移動
バンバリの治安はいくぶん回復し、人道支援活動も行えていたが、この一件で
緊張が高まり、自宅に戻れず

・7月に、西部のオンベラ・ムボコ州のYaloke、南西部のロバヤ州のBodaの
現場視察を実施
複数の支援機関による合同視察で、現地での支援活動をモニターし、子ども
たちや女性の状況を確認

・現在、ユニセフは手元資金の80%を活用、追加資金が調達されなければ、
女性や子どもへの支援継続が困難に


<ユニセフの主な取り組みによる成果(年間目標に対する達成率)>
・急性栄養不良の5歳未満の子どもの84%に治療食による治療を実施、
回復率は81%

・紛争の影響を受けている人の72%がトイレの利用が可能に

・性暴力を受けた人の71%が心と体のケアを受けた

・武装勢力から解放された子どもたちの64%と子どもたちの50%がレクレーションに
参加し、心のケアを受ける

・中央アフリカでは殺虫処理を施した蚊帳を全世帯で普及させることを目指しており、
バンギでは78%に配布

・5歳未満の子どもたちに88%に、はしかの予防接種を実施

・避難している3~17歳の子どもたち24%が、安全な仮設学習スペースの利用が可能に




■ 本件に関するお問い合わせ
日本ユニセフ協会 広報室 TEL:03-5789-2016  FAX : 03-5789-2036
Eメール:jcuinfo@unicef.or.jp
または
Linda Tom, ユニセフ・中央アフリカ共和国事務所, Mobile: +236 70009706,
ltom@unicef.org
Melanie Sharpe, ユニセフ・ニューヨーク本部, Mobile: +1-917-485-3344
msharpe@unicef.org


■ユニセフについて
ユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)は、すべての子どもの権利と健やかな成長を促進
するために活動する国連機関です。現在190の国と地域※で、多くのパートナーと協力し、
その理念を様々な形で具体的な行動に移しています。特に、最も困難な立場にある子ども
たちへの支援に重点を置きながら、世界中のあらゆる場所で、すべての子どもたちのため
に活動しています。(www.unicef.org)

※ユニセフ国内委員会(ユニセフ協会)が活動する36の国と地域を含みます
※ユニセフの活動資金は、すべて個人や企業・団体からの募金や各国政府からの
任意拠出金で支えられています
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 公益財団法人日本ユニセフ協会
  4. >
  5. 【報道参考資料】中央アフリカ共和国 ユニセフ、蚊帳50万帳以上を配布