高品質・高効率・小型化を実現する車載用デジタル・オーディオ・パワーアンプを発表

main image
~ 135W(x 4)および50W(x 4)のSoCをはじめとする
フル・デジタル・オーディオ・パワーアンプ・ファミリが、
次世代のD級カー・オーディオを実現 ~

多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーで、車載用オーデ
ィオ・パワーアンプの主要サプライヤ(1)であるSTマイクロエレクトロニクス
(NYSE:STM、以下ST)は、業界初となるフル・デジタル・オーディオ・パワー
アンプのシステム・オン・チップ(SoC)ファミリを発表しました。同製品は、
ヘッドユニットおよび外部アンプなどの自動車のダッシュボードに固定する音響
システムの操作パネルでの使用に適しています。

D級オーディオ・パワーアンプは、AB級アナログ・オーディオ・パワーアンプより
約80%高い電力効率を実現しています。この高い電力効率によってオルタネータ
への電力負荷が軽減されると共に、困難な熱設計にも大きく貢献します。また、
アナログ入力のD級パワーアンプと比較し、周辺部品の部品点数の削減が可能なため、
ヘッドユニットなど標準的な実装スペースに制限が大きい設計に適しています。
また、追加機能やスピーカ・チャネルを搭載することができます。従来、D級車載ア
プリケーションは、コスト、基板サイズおよびEMI(電磁障害)の問題などにより、
高出力外部アンプに限定されてきました。これらの課題を克服したSTのフル・デジタル
・オーディオ・パワーアンプは、迫力ある高品質サウンドを一般的なヘッドユニット、
外部アンプ問わず様々な車載機器で実現します。

昇圧コントロール機能を搭載したSTの新しいオーディオ・パワーアンプは、
少ない部品点数で電源電圧を昇圧可能であり、高出力外部アンプの設計に最適で
す(FDA4100LV)。また、6Vまでの動作を保証した低電圧駆動を実現し、アイド
リング・ストップ機能を搭載した自動車や、さまざまな動作モードによって電源
電圧の変動が激しいハイブリッド車などにおいて、音の途切れのない再生を可能にする
回路を搭載しています。

直接デジタル信号入力を可能とした最初の製品であるFDA4100LV(135W x 4)と
FDA450LV(50W x 4)は、DAC・LPF・アナログボリュームICなどのアナログ信号
入力タイプのD級パワーアンプに必要な小信号系の回路が不要となるため、基板
の省スペース化と部品点数の削減が可能です。また、チップ内部でEMI特性の
改善を可能とする回路も搭載し、設計工数の軽減にも寄与します。さらに、
様々なインピーダンス特性を持つ多種多様なスピーカにおいて、特許取得済みの
フィードバック・ループ設計によるオーディオ帯域でのフラットな周波数特性が、
高品位な音質を実現します。その他、PWM発振周波数の高精度な変更が可能な
特許取得済みの機能を搭載することで、チューナ回路との共存が可能となります。
そのため、EMIが軽減され、自動車EMC(電磁両立性)規格(CEI EN 55025および
ISO 11452-2(2004))への準拠が容易になります。

STは、FDAフル・デジタル・オーディオ・パワーアンプ・ファミリの拡充を計画
しています。2013年初旬には、2チャネルに対応した製品を発表する予定で、
これにより、FDA4100LVもしくは、FDA450LVとの組み合わせによる最大6チャネル
のシステムを2チップで構成することが可能になります。

FDA4100LVの特徴
・最大出力 : 135W x 4(FDA4100LV)、50W x 4 (FDA450LV)
・スピーカ駆動力 : 4Ω / 2Ω / 1Ω
・車載アプリケーション向けの独自デジタル・オーディオ入力
・入力S/N比およびダイナミック・レンジ : 110dB / 108dB
・特許取得済みフィードバック・ループ設計によるコスト・部品数の低減
・昇圧ドライバ内蔵(FDA4100LV)
・自動車用EMI規格に準拠
・I2Cインタフェースによるデジタル制御・診断
・アイドリング・ストップ対応

FDA4100LVおよびFDA450LVは現在量産中で、単価は1000個購入時に約9ドルおよび
約8ドルです。大量購入時の価格については、お問い合わせ下さい。

(1)調査会社であるIHS iSuppli社によると、STは車載用オーディオ・パワー
アンプの世界的リーダーで、約50%のシェアを有しています。

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、Sense & Powerおよびマルチメディア・コンバージェンス分野の多種多様
なアプリケーションに半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。
エネルギー管理・省電力からデータ・セキュリティ、医療・ヘルスケアから
スマート・コンスーマ機器まで、そして、家庭、自動車、オフィスおよび仕事や
遊びの中など、人々の暮らしのあらゆるシーンにおいてSTの技術が活躍して
います。STは、よりスマートな生活に向けた技術革新を通し、「life.augmented」
の実現に取り組んでいます。2011年の売上は97.3億ドルでした。さらに詳しい
情報はSTのウェブサイト( http://www.st-japan.co.jp )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
オートモーティブ製品グループ
TEL: 03-5783-8250 FAX: 03-5783-8216
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. STマイクロエレクトロニクス
  4. >
  5. 高品質・高効率・小型化を実現する車載用デジタル・オーディオ・パワーアンプを発表