一般社団法人クラウドソーシング協会 平成26年度「地域中小企業の人材確保・定着支援事業」を受託

普及促進を担う「クラウドソーシング・プロデューサー」の輩出などを実施

一般社団法人クラウドソーシング協会(以下、クラウドソーシング協会)はこの度、中小企業庁・全国中小企業団体中央会が実施する「地域中小企業の人材確保・定着支援事業」(地域中小企業におけるクラウドソーシング活用推進事業)の実施運営に参画します。本事業は富士ゼロックス株式会社を幹事法人、一般財団法人日本テレワーク協会との3団体で形成する共同企業体で受託しています。
時間や場所にとらわれないワークスタイルを実現するクラウドソーシングは、育児中の女性や介護などの対応で通勤型やフルタイムの就業が難しい人、また地方在住の人への就業機会を創造するとして、新たなインフラとして注目を集めています。

本事業は、大企業に比べ人材獲得が困難になりがちな中小企業・小規模事業者に対し、個人のスキルと空き時間をオンライン上でシェアするクラウドソーシングの活用を、下記3点の取り組みを通じて推進してまいります。

1. クラウドソーシング活用を支援し、普及促進の役割を担う「クラウドソーシング・プロデューサー」の養成・認証
2. 全国10都市以上での中小企業を対象としたクラウドソーシング活用セミナーの開催
3. 中小企業におけるクラウドソーシングの導入実証

クラウドソーシング・プロデューサーの募集、クラウドソーシング活用セミナーについての詳細は、当協会のホームページで随時ご案内してまいります。

クラウドソーシング協会ホームページ: https://crowdsourcing.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】
クラウドソーシング協会 事務局 Email:support@crowdsourcing.jp

本プレスリリースはこちらからダウンロードいただけます。
http://prtimes.jp/a/?f=d1465-20141119-3315.pdf
main image
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社パソナテック
  4. >
  5. 一般社団法人クラウドソーシング協会 平成26年度「地域中小企業の人材確保・定着支援事業」を受託