アルク×ドコモ 共同開発のAndroidアプリ「英単語 ボキャブラキング」「英単語 PowerWordsシリーズ」が「ドコモゼミ」シリーズの初アプリとして新登場

main image
株式会社アルク(東京都杉並区永福 代表:平本 照麿、以下アルク)は、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ(東京都千代田区 代表:山田 隆持、以下ドコモ)と共同で英語学習アプリを開発、その第一弾として、『ドコモゼミ 英単語 ボキャブラキング by ドコモ×アルク』、『ドコモゼミ 英単語 PowerWordsシリーズ by ドコモ×アルク』をスマートフォン向け学習支援サービス「ドコモゼミ™」にて、2011年9月1日(木)より提供を開始いたします。また、発売を記念して、アプリの価格を半額で提供する「ドコモゼミ デビューキャンペーン」を10月31日(月)まで実施します。

[発売アプリ一覧]
『ドコモゼミ 英単語 ボキャブラキング by ドコモ×アルク』(料金:無料/キャンペーン価格:無料)
『ドコモゼミ 英単語 PowerWords 2000レベル by ドコモ×アルク』(料金:900円/キャンペーン価格:450円)
『ドコモゼミ 英単語 PowerWords 4000レベル by ドコモ×アルク』(料金:900円/キャンペーン価格:450円)
『ドコモゼミ 英単語 PowerWords 6000レベル by ドコモ×アルク』(料金:900円/キャンペーン価格:450円)
*料金は全て税込です。

■提供開始日:2011年9月1日(木) 12:00
■ドコモゼミ デビューキャンペーン開催期間:9月1日(木)~10月31日(月)

<今回の共同開発について>
グローバル化の進展により語学学習への関心が高まる中、新たな学びのスタイルを確立することを目指し、アルクとドコモはモバイル端末向け学習教材の共同開発に取り組んでいくこととします。
語学の専門会社として42年の実績を持つアルクは、豊富な教材開発ノウハウおよび、Apple社リワインド受賞アプリを含む82本のモバイルアプリ開発実績を持っています。アルクの高い語学教材開発力とドコモが保有する技術・顧客基盤を活かし、あらゆる年代層、目的、レベルに対応する新たな学習スタイルおよびビジネスモデルの確立を目指します。成長著しいAndroid OS 搭載のスマートフォン市場において、ドコモと共同開発Androidアプリをリリースすることで、Androidアプリにおける語学学習の認知度向上、また、販売拡大を狙うものとします。

<アプリ紹介>
『ドコモゼミ 英単語 ボキャブラキング by ドコモ×アルク』
アルクが厳選した重要英単語リスト「標準語彙水準SVL12000」(*1)(レベル1~12)を使って、単語力をゲーム感覚で競うアプリです。
【主な特長】
●アルクが厳選した重要英単語リスト「標準語彙水準SVL12000」を入門~最上級まで12レベルに分け出題。
●操作方法が簡単! 単語の意味を見て、制限時間内に該当する単語が正しいスペリングになるようにアルファベットを順番にタッチするだけ。
●単語を正解するごとにスコアが加算され、終了時点でスコアを送信。全世界のユーザと競うことができるほか、ツイッターで成績をつぶやいて仲間にアピールすることが可能。
●『ドコモゼミ 英単語 PowerWordsシリーズ by ドコモ×アルク』と連動(2011年9月現在、レベル1~6対象)。「ボキャブラキング」で間違えた単語を登録して「PowerWords」で集中学習することができる。
●「通常モード」のほか、Androidアプリ版のみの機能として、制限時間が長い「ゆっくりモード」も搭載。練習をかねてゆっくりゲームに取り組める。
対象レベル:初心者~上級者 SVL全12レベル
サイズ:約4MB
価格:無料
対象OS:Android™OS 2.1以降の スマートフォン。詳細情報は、ドコモゼミ ポータルサイトに掲載。

「ドコモゼミ 英単語 PowerWordsシリーズ by ドコモ×アルク」
はまる! とにかく単語を覚えられる! と根強いファンの多い単語学習ソフト「PowerWords」シリーズがAndroid アプリ『ドコモゼミ 英単語 PowerWordsシリーズ by ドコモ×アルク』として新登場しました。 
収録単語はアルクが厳選した重要英単語「標準語彙水準SVL12000」(*1)。Android アプリ版は入門~中級まで学習レベルに応じて3つのアプリを用意しています(各アプリ2000単語、「SVL12000」の2レベル分ずつを収録)。
【主な特長】
●アルクが厳選した、日本人英語学習者にとって有用な重要英単語「標準語彙水準SVL12000」のレベル1~6(入門~中級)が学習できる。
●フラッシュカード形式の「聞く」、三択やスペル入力でしっかり学習する「覚える」、仕上げの「ゲーム」。 この3つの方法で飽きずに継続して学習できる。
●一定の正解率になるまで出題する「スパイラル学習法」で、英単語をしっかり学べる。
●3~5分で1ユニット(10語)が終了するので、スキマ時間の学習に最適。学習プランも立てられるので、計画的に学習を進めることが可能。
●無料の姉妹アプリ『ドコモゼミ 英単語 ボキャブラキング by ドコモ×アルク』と連動しており、「ボキャブラキング」で間違えた単語を本アプリで集中学習できる。
●Android アプリ版には、ウィジェットを搭載。端末のホーム画面にアプリ内の単語や学習進捗状況を表示可能。

『ドコモゼミ 英単語 PowerWords 2000レベル by ドコモ×アルク』
レベル:入門~初級レベル(英検5~4級、TOEIC400点未満向け)
サイズ:約4MB
価格:900円(税込) ※ドコモゼミ デビューキャンペーン期間中、450円(税込)
対象OS:Android™OS 2.1以降のスマートフォン。詳細情報は、ドコモゼミ ポータルサイトに掲載。

『ドコモゼミ 英単語 PowerWords 4000レベル by ドコモ×アルク』
対象レベル:入門~初級レベル(英検3~準2級、TOEIC400~500点相当)
サイズ:約4MB
価格:900円(税込) ※ドコモゼミ デビューキャンペーン期間中、450円(税込)
対象OS:Android™OS 2.1以降のスマートフォン。詳細情報は、ドコモゼミ ポータルサイトに掲載。

『ドコモゼミ 英単語 PowerWords 6000レベル by ドコモ×アルク』
対象レベル:初~中級レベル(英検準2~準1級、TOEIC550~650点相当)
サイズ:約4MB
価格:900円(税込) ※ドコモゼミ デビューキャンペーン期間中、450円(税込)
対象OS:Android™OS 2.1以降のスマートフォン。詳細情報は、ドコモゼミ ポータルサイトに掲載。

【購入方法】
▼「ドコモゼミ ポータルサイト」から購入
ドコモゼミ ポータルサイト(http://docomo-zemi.com)(ドコモのおすすめ学習アプリ)⇒アプリの選択
⇒Android マーケットにてアプリを購入

▼「ドコモマーケット」から購入
ドコモマーケット(スマートフォン版)⇒ドコモサービス一覧⇒ドコモゼミ ポータルサイト(ドコモのおすすめ学習アプリ)⇒アプリの選択⇒Androidマーケットにてアプリを購入

▼「Android マーケット」から購入
Android マーケットにて「ドコモゼミ」アプリを検索⇒アプリの選択⇒アプリの購入

(*1) 「標準語彙水準 12000」(Standard Vocabulary List[略称 SVL 12000])とは
アルクが長年蓄積してきた膨大な英文データから「日本人学習者にとっての有用性」「ネイティブスピーカー使用頻度」を基準に選び出した1万2000 語の重要英単語リストです。レベル 1~12まで 1000 語ごとに定義されています。

※「ドコモゼミ」は株式会社NTTドコモの商標です。
※「Twitter」(ツイッター)はTwitter Inc.の登録商標です。
※アプリケーション販売は売り切りです。
※アプリケーション販売価格は税込です。
※アプリケーション購入には別途各通信事業者毎のパケット通信料がかかります。
※アプリケーションのダウンロード、バックグランドでの自動通信機能等により、大容量データを受信し、通信料が高額になる場合がありますので、各通信事業者毎のパケット定額サービスへのご加入を強くお勧めいたします。
※海外でご利用になる場合、パケット通信料が高額になる場合がありますのでご注意ください。
※対応機種につきましては、「ドコモゼミ」ポータルサイトをご確認ください。
※アプリケーション購入には、「Google Checkout TM」への登録が必要です。未成年者の方は必ず親権者の同意のもと、ご登録ください。

[株式会社アルクとは]http://www.alc.co.jp/
アルクは、1969年4月の創業以来、企業理念として「地球人ネットワークを創る」を掲げ、実践的な語学力を身につける教材の開発をすすめてきた出版社です。語学情報ポータルサイト「SPACE ALC」をはじめ、『ENGLISH JOURNAL』などの学習情報誌、受講者数100万人を超える通信講座「ヒアリングマラソン」、eラーニング教材、書籍、各種デジタルコンテンツの提供など、語学分野における学習者向けの様々な支援を行っております。
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社アルク
  4. >
  5. アルク×ドコモ 共同開発のAndroidアプリ「英単語 ボキャブラキング」「英単語 PowerWordsシリーズ」が「ドコモゼミ」シリーズの初アプリとして新登場