イオンモール、インバウンド対応の新サービスとして「免税手続カウンター」の設置申請を開始

イオンモール株式会社は、訪日外国人旅行客の利便性・快適性の更なる向上をめざし、新たなサービスとして、「免税手続カウンター(Tax-free Counter)」を設置します。

 

政府発表の消費税法等の一部改正に伴い(2015年4月1日制定)、免税販売手続きを代理で行うことができる「免税手続カウンター(以下、免税カウンター)」を運営するため、関係省庁への申請手続きを開始しました。申請許可が下り次第、お客さまへの免税カウンターにおけるサービス提供を開始します。

免税カウンター設置については、すでに海外からのお客さまに多くお越しいただいている「イオンモール成田」と、訪日外国人観光客が見込まれ4月25日にグランドオープンする「イオンモール沖縄ライカム」において実施、今後順次拡大してまいります。

免税カウンターとは、パスポートをお持ちの訪日外国人のお客さまがモール内各免税店(※1)にて商品をご購入いただいた後、免税カウンターにおいて、購入記録票の作成やパスポートチェックなどの免税手続き全てを一括して行い、消費税分をご返金するものです。これまでは、各専門店(免税店)にて免税手続きを行っており、複数店舗でお買い物された場合は都度手続きが必要で手間がかかっていましたが、カウンターの設置により一括して手続きを受けていただくことができるようになります。

イオンモールでは、このようなサービスの提供をはじめ、イオングループ各社と共に、訪日外国人観光客の皆さまに快適に館内でお過ごしいただける環境整備に努めてまいります。

※1)
2015年4月1日施行の消費税法等の一部改正に伴い新設された、免税手続きを第三者に委託する前提で申請許可を得ている「委託型免税店」を指します。一部「一般型免税店」など免税カウンターで免税手続きを承ることができない免税店もございます。上記免税店2種の詳細については政府発表の改正内容にてご確認下さい。

【ご参考~イオンモールの訪日外国人旅行客向けサービスの一例~】
1.免税店の拡大
2015年3月末時点で、全国のイオンモール専門店内の免税店舗数は、約540店舗です。現在、申請中の店舗を含めると690店舗を超え、昨年10月の免税制度改正より大きく伸張しています(上記数字はGMSの免税対応店舗 464店舗を除く。4月20日現在)。

2.無料Wi-Fiサービス
2015年3月現在、60モールにて館内一部エリアにて無料でご利用頂ける「AEON MALL Wi-Fi」を導入。なお、サービスログイン時には4ヶ国語(日本語、英語、中国語(繁体字・简体字)、韓国語)でご案内を行っています。 

3.外国語コミュニケーションツールの配備
全国のイオンモールにおいて、店舗での接客時に簡易なコミュニケーションを可能にする「指さしツール」や、免税手続きの説明を行える資料を4ヶ国語(日本語、英語、中国語(繁体字・简体字)、韓国語)でご用意しています。
 
4.タッチパネルによる館内案内サービス
2015年3月現在、イオンモール成田、イオンモール京都桂川、イオンモール岡山、イオンモール旭川駅前にて、館内のフロア案内を4ヶ国語(日本語、英語、中国語(繁体字・简体字)、韓国語)にて行っています。

5.銀聯カード対応
2015年3月末現在、88モールにて銀聯でのお支払いに対応しています。

6.イオン銀行ATMにおける海外発行カードでの日本円引き出しサービス
海外発行カードで日本円の引き出しができるイオン銀行ATMを、イオンモール全店にてご利用いただけます。

ご利用いただけるカード:
MasterCard、Maestro、Cirrus、VISA、VISA Electron、PLUS、銀聯

7.外貨両替機の設置
イオンモール幕張新都心、イオンモール成田、イオンレイクタウンMORIにはATM外貨両替機を設置しています。

・外貨を円に:アメリカドル、ユーロ、中国元、韓国ウォン、香港ドル、台湾ドル、タイバーツ
・円を外貨に:アメリカドル

8.Prayer room (祈祷室)の設置
現在、イオンモール幕張新都心、イオンモール名古屋茶屋に設置しています。

以上
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. イオン株式会社
  4. >
  5. イオンモール、インバウンド対応の新サービスとして「免税手続カウンター」の設置申請を開始