「意外と熱海」熱海市観光ブランド・プロモーション事業と連携した新たな旅行商品「1泊朝食+熱海の魅力チョイスプラン」

11月3日(月)より東日本・東北を中心に展開

熱海市(熱海市市長:齊藤栄)は、平成25年から3か年の観光ブランド・プロモーション事業を推進しており、株式会社JTB中部(本社:名古屋市中村区、社長:松本 博、以下JTB中部)が事業を受託しております。
観光ブランド・プロモーション事業における3か年の統一テーマは「意外と熱海」。熱海を訪問した人へのアンケートで「意外と良かった」という意見が多く寄せられたことから、熱海の隠れている「意外といい」魅力を効果的に発信し、来訪促進を図るとともに、地域の方も来訪者に「意外といい」観光素材・魅力をお勧めしていただくことで、満足度向上と再来訪に繋げていきます。
今回、株式会社JTB国内旅行企画(本社:東京都品川区、社長 大谷 恭久、以下JTB国内旅行企画)と連携し「まちなか」における食・体験・観光・リラクゼーションなどの、熱海ならではの魅力を感じていただける新たな旅行商品「意外と熱海チョイスプラン」を開発いたしました。
温泉地の旅館やホテルに宿泊する旅行商品は、宿泊施設において夕食と朝食をご提供する「1泊2食」のプランが主流となっておりますが、新たに開発したプランでは、旅館・ホテルでは「1泊朝食」を提供いただき、お客様には昼食、夕食、バー、アフタヌーンティー、初島クルーズ&ミールクーポン、リラクゼーション、海釣りセットから自由に選んでいただくことができます。
本プランの目的は、「温泉地=旅館=1泊2食」という従来の定番スタイルから、宿泊と食事の提供を切り分けた「新しい旅館・ホテルスタイル」を提案し、新たな需要を喚起することと地域の活力につながる、まちの魅力に触れる機会を創出することです。慢性的な従業員(接待さん・仲居さん)不足を理由に、繁忙期でも満館にできないことがある状況を解決し、より多くのお客様に来訪いただくことです。
熱海は定住人口に対しての飲食店比率が全国の中でも非常に高く、まちなかで飲食店が数多く営業する地域といわれています。また、リピート客のほとんどが「自分の行きつけの店」をもっている事から、本プランは「熱海通の楽しみ」をお客様に感じて頂けるものとなっております。

【新たに展開する商品】
○エースJTB「伊豆花さんぽ」11/3(月)~2015年3/31(火)宿泊分 (配布部数8万部)
配布地域:青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島・東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城
新潟・山梨・長野・静岡 ※今後、他地域についても検討してまいります。

JTB中部とJTB国内旅行企画は、地域の交流人口を増やし、地域の方・お客様・地域を応援する観光関係事業者、全ての皆様に笑顔を届けることができるよう、事業を推進してまいります。さらに、地域の方との対話を通じ、「意外といいね熱海」から「やっぱりいいね熱海」への変革を目指し、ブランド向上と仕組みづくりに取り組んでいきます。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ジェイティービー
  4. >
  5. 「意外と熱海」熱海市観光ブランド・プロモーション事業と連携した新たな旅行商品「1泊朝食+熱海の魅力チョイスプラン」