スマートフォン・タブレット・PCの高速Wi-Fi性能を向上させる画期的なダイプレクサICを発表

~ 画期的な集積型受動デイバイス(IPD、Integrated Passive Device)技術を使用した小型デュアルバンドICが、省スペースおよび電力効率改善によるバッテリの長寿命化を実現 ~



main image

エレクトロニクス分野の多種多様なアプリケーションに半導体を提供する世界的
半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、
スマートフォン、タブレットおよびその他のコネクテッド・デバイスで、より
高速の無線ネットワークを可能にする新しいICを発表しました。この画期的な
ICは、小型化と低消費電力化を可能にし、より多くの機能の搭載とバッテリの
長寿命化に貢献します。

STの新しいダイプレクサであるDIP2450の使用により、Wi-Fi ICを1つのアンテナ
に接続することができ、回路の簡略化とプリント基板の省スペース化が可能に
なります。また、Bluetooth ICを同じアンテナに接続することもできます。STの
集積型受動デイバイス(IPD、Integrated Passive Device)プロセス技術を使用
した同製品は、僅か1.1 x 1.25 mmと非常に小型で、信号を効率的に通過させる
ことにより高速通信と低消費電力を実現します。

DIP2450は、従来の2.4GHz動作に加え、最新の高速デュアルバンドWi-Fi規格
(IEEE 802.11n)に準拠しており、5GHzバンドでの多チャネル通信が可能です。
これにより、ユーザ・接続容量の増加だけでなく、1ユーザあたりのデータ転送
速度が向上します。IEEE 802.11n準拠の携帯電話で、60 Mbpsを超える速度を
達成しており、これは、日本・韓国・香港などで記録されたブロードバンド・
インターネット接続平均速度の世界最高値である約50 Mbpsよりも高い値です。

DIP2450は、ST-エリクソンのマルチラジオ・モバイル・アプリケーション用の
CW1260デュアルバンドWi-Fiシステム・オン・チップを用いて検証が行われ
ました。CW1260では、他に、5GHzバンドパス・フィルタおよびバラン(信号変換
デバイス)の2種類のIPD製品が使用される予定です。この完全なソリューション
が、低消費電力によるバッテリの長寿命化、プリント基板の省スペース化、
および部品点数の低減を可能にします。

STは、RFアプリケーション向けに各種IPD製品を取り揃えており、Wi-Fi、
Bluetooth(R)、ZigBee(R)、WiMax、3G LTE等のシステムにおいて、高いコスト
競争力、小型サイズ、電力損失低減などのメリットを提供します。製品群には、
ダイプレクサ、フィルタ、バラン、RFカプラ、トリプレクサ、インピーダンス
整合デバイス等が含まれます。

STのASD & IPAD製品 マーケティング・ディレクタであるEric Parisは、次の
様にコメントしています。「高速Wi-Fiアプリケーション向けに卓越した特性を
持つ新しいダイプレクサは、最高レベルの集積度、最小クラスのフットプリント、
そして消費電力とサイズの最適な組合せを兼ね備えた高性能RFフロントエンド
製品を提供するSTの優位性を実証するものです。」

DIP2450-01D3の特徴
・フットプリント : 1.4mm2未満
・低プロファイル(リフロー後600μm未満)
・挿入損失代表値 : 0.6dB(2.4GHzおよび5GHz)
・高減衰
・帯域外周波数の高除去
・IPD集積化により、安定かつ再現性のあるRFフロントエンド特性

DIP2450-01D3は現在量産中で、WLCSPパッケージ(1.1 x 1.25 mm、4バンプ)で
提供されます。単価は、1000個以上購入時に約0.12ドルです。

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、「センス & パワーとオートモーティブ製品」部門と「エンベデッド・
プロセッシング ソリューション」部門の多種多様なアプリケーションに半導体
を提供する世界的な総合半導体メーカーです。エネルギー管理・省電力から
データ・セキュリティ、医療・ヘルスケアからスマート・コンスーマ機器まで、
そして、家庭、自動車、オフィスおよび仕事や遊びの中など、人々の暮らしの
あらゆるシーンにおいてSTの技術が活躍しています。STは、よりスマートな生活
に向けた技術革新を通し、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。
2011年の売上は97.3億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト
http://www.st-japan.co.jp )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
アナログ・MEMS・パワー製品グループ
TEL:03-5783-8250 FAX:03-5783-8216

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. STマイクロエレクトロニクス
  4. >
  5. スマートフォン・タブレット・PCの高速Wi-Fi性能を向上させる画期的なダイプレクサICを発表