「大東京23区散歩」

伝説の東京散策コラム「東京23区物語」から29年
変わりゆく東京の姿を独自の視点で切り取った
東京散歩手引書の決定版!
main image
泉麻人氏の代表作「東京23区物語」は今から約30年前、1985年に書き下ろしの単行本として刊行されました。山手と下町の街や人々を絶妙に対比しながら、当時の社会風俗を面白おかしく描写した名作コラムでした。

本書は、「23区シリーズ」の集大成として、2009年から2013年までの4年間、泉氏が、山岳鳥瞰図で有名な村松昭氏と東京中を歩きに歩いた記録です。途中、2011年には、東日本大震災が起こり、その影響で街の姿は変化を余儀なくされました。また、2020年の東京オリンピック開催も決定し、この数年で東京はさらに変化していくと思われます。

そんな変わりゆく「東京」を歩く手引き書として価値ある作品に仕上がっています。時に洒脱でユーモアに溢れた風刺が登場し、時に東京のあちらこちらに残る江戸の気配を感じさせる風景を描写した一文に出会えます。村松氏の描く絵地図やイラストも味わい深く、東京を歩くすべての人に読んでいただきたい一冊です。

本書は、『おとなの週末』2009年4月号から2013年4月号まで連載したものに大幅な加筆・修正を行ったものです。

A5版
320ページ
上製
本体2400円(税別)
ISBN-978-4-06-218775-6

是非とも本書をお取り上げいただきたくお願い申し上げます。
著者インタビューなど、取材へのご対応もいたします。
書影データ、著者取材などのお問い合わせ先
講談社「おとなの週末編集部」 香山 光

a-kayama@kodansha.co.jp
03-5395-3806
東京都文京区音羽2-12-21
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社講談社
  4. >
  5. 「大東京23区散歩」