ライブ配信プラットフォーム「LINE LIVE」サービス開始5日間で総視聴者数1,000万人を突破

豪華ゲスト出演のランチトーク番組「さしめし」などが好調
LINE株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:出澤 剛)は、ライブ配信プラットフォーム「LINE LIVE(ラインライブ)」(以下、「LIVE」)において、12月10日のサービス開始から5日間となる12月14日時点で、総視聴者数1,000万人*1を突破いたしましたので、お知らせいたします。
*1:LIVE公式アカウント、スマートフォンアプリ、Webブラウザ経由での総視聴者数(重複含む)

「LIVE」は、コミュニケーションアプリ「LINE」の保有する国内5,800万人のスマートフォンユーザー基盤と高いアクティブ率、プッシュ通知機能の仕組みを活かしたライブ配信プラットフォームです。著名人・タレント、企業、個人など様々な主体によるライブ配信形式の映像・番組を、「LIVE」公式アカウント(LINE ID:@linelivecast)やタレント・アーティスト・企業の公式アカウント、スマートフォンアプリ、Webブラウザなどを通じてリアルタイムで配信しております。

12月10日のサービス開始以降、豪華ゲストが生放送で出演するお忍びランチトーク番組「さしめし(初回:志村けん・タカアンドトシ、2回目:よゐこ 濱口優・松岡充)」では毎回100万を超える視聴者数を記録したり、「オリノコ・フロウ」「オンリー・タイム」などの大ヒット曲で知られる世界的アーティスト・エンヤさん出演による特別番組「エンヤ生出演!来日スペシャル~地上に舞い降りた天使~」でも90万人以上のユーザーに視聴されたりなど、引き続き高い反響を得ています。また、11日に実施した、女子高生シンガーソングライター・井上苑子さんによるバースデーライブ中継「井上苑子18th Birthday Live」では、約2万件のコメントに加えて、視聴者が楽しいと思った瞬間にタップする「ハート」ボタンの押下数が18万件を記録するなど、ライブ映像を楽しむだけでなく、映像を介してユーザー間でコメントし合い、盛り上がる新たな視聴体験が生まれています。これらの取り組みの結果、サービス開始から5日となる12月14日時点で総視聴者数が1,000万人を突破いたしました。

   【直近で配信した番組の実績(一部)】

 

なお、今後の番組ラインナップとして、「第57回 輝く!日本レコード大賞」や「オールナイトニッポン」「SCHOOL OF LOCK!」「ラブライブ」などTVやラジオと連動した番組や、「三代目 J Soul Brothers」や「超特急」など人気アーティストによる個人配信番組を予定しており、引き続き、”今、その瞬間”が楽しめるリアルなライブ番組を配信してまいります。

LIVEは、皆で同じ番組を、リアルタイムで同時に楽しみ、盛り上がる視聴体験の機会を創出するとともに、ライブ映像を通じて人と人、人と情報・コンテンツを繋ぐスマートフォン時代の新たな情報流通ハブとなることを目指します。

【LINE LIVE アプリ概要】

対応端末:iPhone/Android
対応言語:日本語
サービス地域:日本
サービス開始日:2015年12月10日
価格:ダウンロード無料
開発・運営:LINE株式会社
著作権表記:©LINE Corporation
App Store https://itunes.apple.com/jp/app/id1059626535
Google Play https://play.google.com/store/apps/details?id=com.linecorp.linelive&hl=ja_JP
WEBブラウザ版 https://live.line.me
LIVE 公式サイト https://live.line.me/landing
公式twitter https://twitter.com/LINELIVE_JP
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. LINE株式会社
  4. >
  5. ライブ配信プラットフォーム「LINE LIVE」サービス開始5日間で総視聴者数1,000万人を突破