インパルス板倉俊之「元をただせば僕もガンプラ少年」、小説「機動戦士ガンダム ブレイジングシャドウ」発売記念サイン会

角川書店 ブランドカンパニー

株式会社KADOKAWA

インパルス板倉俊之が一年戦争後を描いた芸能人初のオリジナルガンダム小説「機動戦士ガンダム ブレイジングシャドウ」が遂に発売!発売記念サイン会が実施された。

昨日、アニメ・コミックの情報発信都市「秋葉原」書泉ブックタワーにて報道人の取材のなか約70名におよぶファンを前にインパルス板倉俊之氏による「機動戦士ガンダム ブレイジングシャドウ」発売記念サイン会が行われた。

 

 

 

通常のガンダム作品のサイン会は男性ファンが多いいところだが、男女比は半々、年齢は中学生から女子大生、OL、30、40代の男女と板倉氏のファン層の幅広さが伺われた。中でもゲームからガンダムを知って1stガンダムを見る前に「ブレイジングシャドウ」を読み始めた女子大生。「板倉小隊」を見て「戦場の絆」にはまり、サイン会に来た男子中学生。小学校の頃から「はねるのトビラ」でファンだったOL。「ジム・スナイパー」が大好きで小説の主人公機であると聞いて買いましたという30代会社員などなど様々である。

 

板倉氏は今回ガンダム小説を書きあげた感想はと聞かれ「元をただせばガンプラ作ってた少年ですからね、それがここまできたのを、あの時の自分に教えたいです」と感慨深く答えていた。 1年戦争時に戦争孤児になった少年がエースパイロットになった本格派オリジナルストーリー「機動戦士ガンダム ブレイジングシャドウ」KADOKAWAより絶賛発売中!

 

 

発売を記念して制作された「機動戦士ガンダム ブレイジングシャドウ」イメージフィルムが無料配信中

https://www.youtube.com/watch?v=y6IcL13tDzw

 

 

 

話題の本小説1話無料試し読みは「機動戦士ガンダム 戦場の絆」公式HPで配信中

http://gundam-kizuna.jp

 

 

 

◆書籍情報

「機動戦士ガンダム ブレイジングシャドウ」1巻

著:板倉俊之(インパルス)
キャラクターデザイン:美樹本晴彦
メカニックデザイン:瀧川虚至

定価:本体680円(+税5%)

発行:KADOKAWA 編集:角川書店

11月26日(火)発売


小説のあらすじ ~物語の舞台は宇宙世紀0079年より始まる~
「機動戦士ガンダム」の主人公アムロ・レイと同じサイド7に住んでいた本作の主人公カインはジオン軍MSザクの強襲にあい両親を亡くしてしまった。ジオン軍に復讐を誓うカインは数年後、戦争孤児達を集め構成された地球連邦軍特殊部隊「シャドウズ」に入隊する。カインはシャドウズの中でジムスナイパーのパイロットとしてめきめきと腕をあげていくのであった。そんなある日、ジオン残党を殲滅するために受けた任務「ヘルズゲート基地」の攻略。しかし、そこには思いがけない陰謀があった…。 本作用に描き下したオリジナルキャラクターと新デザインMSを引っ提げてインパルス板倉俊之が挑むガンダム小説です。

 

◆著者プロフィール
埼玉県出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。2009年、近未来を舞台にした本格ハードボイルド小説「トリガー」を出版。2012年、富士樹海を舞台にした「蟻地獄」を出版。本作「機動戦士ガンダム ブレイジングシャドウ」で小説は3作目にあたる。

月刊ガンダムエースにて好評連載中!

ガンダムエースHP
http://www.kadokawa.co.jp/gundam/magazine/

 

©創通・サンライズ

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社KADOKAWA
  4. >
  5. インパルス板倉俊之「元をただせば僕もガンプラ少年」、小説「機動戦士ガンダム ブレイジングシャドウ」発売記念サイン会

PR TIMES|プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1

インパルス板倉俊之「元をただせば僕もガンプラ少年」、小説「機動戦士ガンダム ブレイジングシャドウ」発売記念サイン会

ページトップへ戻る