Amazon.co.jp、多治見フルフィルメントセンターでヤギによる「エコ除草」を実施

~今年は10頭の新人ヤギが初出勤!~

Amazon.co.jp(以下、Amazon)では、今年も本日6月23日(火)より、アマゾン多治見フルフィルメントセンター(岐阜県多治見市旭ヶ丘、以下、多治見FC)で、環境に配慮した活動の一環として、農業生産法人 有限会社 F R U S I C(フルージック、岐阜県高山市)の協力のもと、同社が飼育するヤギ達が敷地内の草の一部を食べる「エコ除草」を実施いたします。

 

Amazonでは、この取り組みを2013年から多治見FCで導入し、3年目の今年は10頭の新人ヤギが、“エコ除草隊”に仲間入り。約30~40頭のヤギ達が、社員が作成したオリジナル社員証を着用し、敷地内に設置された木柵の中でむしゃむしゃと草を食み、敷地内の一部約3,750㎡を除草します。

今回の「エコ除草」は、6月から11月まで毎週火曜日9時〜15時に行う予定です。

Amazon.co.jpでは、今後も環境に配慮した活動を推進していく予定です。


【ご参考:多治見FCでのコミュニティ活動】
Amazonでは、2012年の多治見FC操業開始以来、多治見市にご協力をいただき、地域と連携した取り組みを行っています。

■多治見市図書館への書籍寄贈、展示
2014年6月に本ストアにて、この14年間の売り上げやカスタマーレビューをもとに数ある児童文学の中からお客様におすすめする「オールタイムベスト児童文学100」(http://www.amazon.co.jp/alltimechildren)を発表し、多治見市を含む、全国6か所の図書館・図書室に「オールタイムベスト児童文学100」に選出された書籍を寄贈しました。(2014年7月に多治見市にて目録贈呈式を実施。)
多治見市に寄贈した書籍は、2014年10月1日より北栄小学校図書室を皮切りに、市内21小中学校の図書室を巡回し、約3年かけて展示・貸出を行っています。
 

多治見市 目録贈呈式の様子

■高校生を対象に一日職業体験プログラム「ジョブシャドウ」を実施 

2014年8月に、若者の社会的適応力を育成する経済教育団体である公益社団法人 ジュニア・アチーブメント日本の協力の下、岐阜県立多治見北高等学校の1年生生徒15名を対象にした一日職業体験プログラム「ジョブシャドウ」を、アマゾン多治見FCにて実施しました。
実際に生徒1名がAmazonの社員1名に数時間同行し、各職場の仕組みの違いやスタッフの役割、そしてAmazonが展開しているグローバルビジネスを肌で体験しました。

多治見FCでの「ジョブシャドウ」の様子

■多治見FC内でランチタイムコンサートを開催

2014年11月には、多治見市文化会館主催の「ちゃわんだふる音楽宅配便」が、多治見FC内にて開催されました。「ちゃわんだふる音楽宅配便」は、生の音楽に触れる機会の少ない地域住民に対し、一流の演奏家が本格的な音楽を届けるイベントです。企業内で実施するのはAmazonが初となります。
当日は多治見FCに勤務する400人以上の人たちが、アコーディオン奏者のかとうかなこさんとギター奏者の岡崎泰正さんによる重層感あふれるアコーディオンの音色を楽しみました。

ランチタイムコンサートの様子

■多治見市職員を招いた5S研修会を実施
2014年11月、多治見市の市長や副市長を含む26名の市役所職員を多治見FCに招待し、5S研修会を実施しました。多治見市役所では、市民満足度の向上を目指し、5Sによる職場環境の改善に取り組んでおり、研修会では、Amazonの5Sに対する考え方や現場での取り組みについてディスカッションを行いました。
 

 

5S研修会の様子

6月19日(金)に、多治見市役所において、上記のAmazonと多治見市の取り組みをまとめたパネル贈呈式を実施。今後、贈呈したパネルは多治見市役所に展示されます。
Amazonでは、今後も地域と連携した取り組みを進め、お客様のさらなる利便性を追求し、サービスの強化に努めてまいります。
 

贈呈式の様子

 

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. アマゾンジャパン合同会社
  4. >
  5. Amazon.co.jp、多治見フルフィルメントセンターでヤギによる「エコ除草」を実施