2015年秋冬のトレンドは「1点集中”こなれ”主義」 精巧な「抜け感」がポリシー

 資生堂ビューティートレンド研究チーム※1が2015年 秋冬のトレンド傾向とヘア&メークのポイントを解説。
ヘア&メーキャップアーティストが「簡単に今っぽさを演出するには?」をアドバイスします。
ヘア&メーキャップアーティストのWebサイトでも情報を公開中です。
URL: http://hma.shiseidogroup.jp/tips/p20150917_7111/?rt_pr=tr413

◆2015年秋冬トレンド傾向
 海外コレクションでよく見られたのは、ぐっと女性らしくエレガントなスタイル。それに呼応するかのようにメーキャップも、ここ数シーズン続いた素顔風の”メークレス・メーク”は鳴りを潜め、一か所を強調したポイントメークのインパクトが注目されました。日本の女性誌でも「手をかけていてもまるで手をかけていないようにみせる、さりげない印象」が重視され、街頭調査でもボリューム感のあるフルメーキャップは減少。ポイントを絞ってメークを楽しむ女性が増えています。

◆抜け感を演出するなら「1点集中」
 資生堂ビューティートレンド研究チームが提案する2015年秋冬ヘア&メーキャップテーマは、ナチュラルで気取らない中にも意志やこだわりが感じられる「1点集中”こなれ”主義」です。メーキャップはメリハリをつけ、ボリューム感を抑えることで、こなれた印象を演出します。メークの足し算、引き算が重要なポイントです。
また、ヘアスタイルに自然な軽やかさや動きをつけることで、さらに抜け感が増します。ポイントを絞ったメークが際立ち、洗練されたイメージに仕上げることができます。

《トレンド ヘアメーキャップ提案 (Ⅰ)》


ヘア&メーキャップアーティスト進藤 郁子がアイメーキャップの疑問に答えます

Q:スモーキーカラーは暗い印象があるのですが?

「ダークでマットなスモーキーではなく、あくまでもソフトな仕上がりであることがポイントです。肌馴染みがよい赤みを帯びたブラウンやスモーキーパステルカラーを使っても洗練された感じになりますよ。」

Q:アイライナーをしないのは不安。
「アイライナーをまつ毛とまつ毛の間を埋めるように繊細に引くのがおすすめです。」

進藤 郁子
http://hma.shiseidogroup.jp/shindo/?rt_pr=tr413

ヘア&メーキャップアーティスト中村 潤がヘアの疑問に答えます

Q:ヘアアクセサリーはどんなものを選べばいい?

「主役になるようなデコラティブなものではなく、シンプルでかわいらしいものがおすすめです。」

Q:どこを抜けばいい?だらしなくみえない?
「自分で高めに結んだ時にできる襟足のゆるみ・たるみはそのままに、ルーズさを残すことでも抜け感が出せます。結ぶ位置や組み合わせるアクセサリーを変えるだけで、いろんなバリエーションが楽しめますよ。」

中村 潤
http://hma.shiseidogroup.jp/nakamura/?rt_pr=tr413


《トレンド ヘアメーキャップ 提案(Ⅱ)》


ヘア&メーキャップアーティスト進藤 郁子がリップメーキャップの疑問に答えます

Q:マットな口紅は今まであまり使ったことがないので心配 。
「完全につやを消し去ったマットではなく、自然なつやが感じられる程度に抑えた質感がポイントです。」

Q:赤ってクラッシックに仕上がりそう。余計に化粧感が出そう。
「赤リップの人気は依然続くものの、質感は軽くなって来ている傾向もみられます。濃い赤やベリーカラーなどの強い色を使う場合は、唇の輪郭をぼかすと抜け感を演出できますよ。」

ヘア&メーキャップアーティスト中村 潤がヘアの疑問に答えます
Q:毛先に動きを出すためのおすすめのスタイリング剤は?
「パウダー入りのタイプです。固まらずにパウダーが髪に自然なひっかかりをつくるので、今どきの軽やかな動きを出せます。」

Q:マニッシュな印象にしたい。
「マニッシュに見せたい方には、濡れているような質感になるスタイリング剤を使うのがおすすめです。短いNEOウルフスタイルの方には特に似合うと思いますよ。」


<参考資料:資生堂グループからの商品情報>
《トレンド ヘアメーキャップ提案(Ⅰ)》
<パーツ>目もと
<おすすめ商品>
●マキアージュ ドラマティックムードアイズ BR354、PK251
【ノープリントプライス】
●マキアージュ フルビジョングロスコートマスカラ
【ノープリントプライス】

<パーツ>口もと
<おすすめ商品>
●SHISEIDO パーフェクトルージュ PK354
【希望小売価格円(税込3,675円)】

<パーツ>眉
<おすすめ商品>
●インテグレート ビューティーガイドアイブロー BR700
【ノープリントプライス】

<パーツ>肌
<おすすめ商品>
●SHISEIDO シアーアンドパーフェクトファンデーション
【希望小売価格円(税込3,675円)】
●SHISEIDO フェースカラー エンハンシング トリオ OR1
【希望小売価格円(税込3,675円)】

<パーツ>ヘア
<おすすめ商品>
●TSUBAKI ボリュームアップミスト
【オープン価格】

《トレンド ヘアメーキャップ提案 (Ⅱ)》
<パーツ>目もと
<おすすめ商品>
●SHISEIDO シマリング クリームアイカラー BL620
【希望小売価格(税込3,240円)】
●SHISEIDO シマリング クリームアイカラー BL620
【希望小売価格(税込3,240円)】

<パーツ>口もと
<おすすめ商品>
●SHISEIDO スムージングリップペンシル OR310
【希望小売価格円(税込2,376円)】

<パーツ>眉
<おすすめ商品>
●マキアージュ ラスティングフォギーアイブロー BR700
【ノープリントプライス】

<パーツ>肌
<おすすめ商品>
●マキアージュ ドラマティックパウダリーUV
【ノープリントプライス】
●マキアージュ ドラマティックムードヴエール RD100
【ノープリントプライス】

<パーツ>ヘア
<おすすめ商品>
●資生堂プロフェッショナル トゥルーエフェクター(シャイン)
【希望小売価格円(税込1,620円)】

※商品に関するお客さまからのお問い合わせは、「資生堂お問い合わせ先 フリーダイヤル 0120-30-4710」でお受けしています。

※1 資生堂ビューティートレンド研究について
資生堂ビューティークリエーション研究センター※2は、1987年より商品開発やマーケティングへの活用をねらいに、ビューティートレンド予測※3を継続的に行っています。トレンドは、ヘアメーキャップだけでなくファッションや世相も大きく関係していることから、街頭調査や雑誌、世界のコレクション情報の分析に至るまで、さまざまな分野を総合的に研究しています。なお本情報は、国内女性誌(22誌)、街頭調査(東京300名、NY258名、パリ230名)、2015年秋冬のグローバルコレクション情報の調査結果をもとに分析・予測しています。


《街頭調査の結果》
 20~30代の女性300名を対象に今年の春に実施した街頭調査(資生堂調べ)では、まつ毛のエクステンションやつけまつ毛などのボリュームのある目もとは減少傾向にあり、ナチュラルに見えるメーキャップが増加しています(グラフ(1))。一方で口もとは近年色味のある口紅を使う人が増加しています(グラフ(2))。全体的にボリューム感のあるフルメーキャップの女性が減少し、ポイントを絞ってメークを楽しむ女性が多く見られる傾向にありました。


※2 資生堂ビューティークリエーション研究センター
プロのヘア&メーキャップアーティストが約40名在籍し、宣伝広告のヘア&メーキャップ、商品のカラークリエーションをはじめ、NY、パリ、東京などで開催されるファッションデザイナーのコレクションのバックステージで活動し、最先端のトレンド情報を発信している。

※3 ビューティートレンド予測
資生堂ビューティークリエーション研究センターが商品開発やマーケティングへの活用をねらいに、1987年より行っている独自のトレンド予測研究。年に2回、1年半先のビューティートレンド予測を行う。トレンドは、ヘアメーキャップだけでなくファッションや世相も大きく関係していることから、 「未来につながるマインド」の予測を行い、街頭調査や雑誌、世界のコレクション情報の分析に至るまで、さまざまな分野を総合的に研究している。

◆資生堂ビューティークリエーション研究センターHP
http://hma.shiseidogroup.jp/?rt_pr=tr413

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社資生堂
  4. >
  5. 2015年秋冬のトレンドは「1点集中”こなれ”主義」 精巧な「抜け感」がポリシー