【プレスリリース】エボラ出血熱 オーランド・ブルーム親善大使、リベリア訪問

コミュニティや若者たちによるエボラ予防の取り組みを視察

診療所を訪問し、重度の急性栄養不良と診断された赤ちゃんを抱く母親の話を聞くブルーム大使。© UNICEF_NYHQ2015-0473_Jallanzo

 


※本信は、ユニセフ本部の発信情報を元に、日本ユニセフ協会が作成・配信しています
※原文は、http://www.unicef.org/media/media_81348.html でご覧いただけます
※関連の画像・映像は http://uni.cf/1xd58Vi からダウンロードいただけます


【2015年3月23日 モンロビア(リベリア)発】

ユニセフ(国連児童基金)の親善大使で英国俳優のオーランド・ブルーム氏は、
リベリアへの4日間の訪問を終え、エボラ出血熱が流行したコミュニティがこの
恐ろしい病気と闘うために取り組んださまざまな努力を称賛しました。

「私が出会った人々はみな、日常を取り戻すため、エボラに打ち勝つという強い決意
を持っていました」ブルーム親善大使は、首都モンロビアで宗教指導者や青少年
グループのリーダーたちを面会した後、こう語りました。「エボラとの闘いの中心は、
コミュニティです。エボラ発症ゼロを達成するために、コミュニティの果たす重要な
役割を支援し続けなくてはなりません」

 

若者間の教育活動もまた、エボラ対策に重要な役割を果たします。その一つが、
モンロビア近郊の貧民街ウエストポイントで若者たちが取り組む「A-Line」
プロジェクトです。グループの代表はブルーム親善大使に、ボランティアたちが
どのように2万5,000人以上の人々に対し、エボラの予防法やエボラの感染拡大を防ぐ
ための方法について伝えたのかを、説明しました。

シエラレオネとの国境に近く、エボラの流行に苦しんだコミュニティの小学校では、
7カ月にわたる閉鎖期間を経て学校が再開された際に導入された、エボラ感染を防ぎ、
安全に学校に通うことができるようにするための子どもたちの新しい習慣を視察
しました。これは、登校時の検温や教室に入る前の手洗いの励行など、感染リスク
を減らすためにユニセフの支援で導入されたものです。

「A-Line」プロジェクトのメンバーとエボラの予防法や知識を広める啓発活動に参加。予防法や症状が載ったポスターを持つブルーム大使。© UNICEF_NYHQ2015-0453_Jallanzo

 

「エボラ出血熱の流行によって、リベリアの百万人もの子どもたちが半年も学校に
通うことができませんでした。子どもたちは、学校に戻ることができてとても
嬉しそうでした。しかし、一人ひとりの子どもが毎日注意して予防に取り組む姿は、
いまだ油断できない状況であることを思い出させてくれます」(ブルーム親善大使)

西アフリカでは、5,000人以上の子どもを含む2万4,000人以上がエボラ出血熱に
感染し、1万人近くが亡くなりました。

エボラの症例は減少しつつありますが、まだ終わったわけではありません。エボラ
との闘いを続けると同時に、保健、教育、社会的保護システムの再建に重点的に
取り組まなければなりません。


*オーランド・ブルーム親善大使*
映画『ロード・オブ・ザ・リング』や『パイレーツ・オブ・カリビアン』などの
ヒット作で知られるブルーム氏は、2009年10月にユニセフ親善大使に就任。昨年には、
シリア危機の影響を受ける子どもたちや家族を視察するため、ヨルダンを訪問している。


* * *

■画像・映像素材のお貸し出しについて
ユニセフ本部サイト内にて、画像・映像のお貸し出しを行っています(無償)>
http://uni.cf/1xd58Vi

※ご使用に当たっては下記の事項をご確認・遵守いただきますよう、
お願いいたします。
・ユニセフの支援活動やその背景となる状況の説明としての使用
・画像・映像の編集・加工・トリミングは禁止
・提供元の記載>提供:(公財)日本ユニセフ協会


■お問い合わせ
(公財)日本ユニセフ協会  広報室
TEL:03-5789-2016  FAX : 03-5789-2036 jcuinfo@unicef.or.jp
または
Marissa Buckanoff,  ユニセフ・ニューヨーク,  Tel : +1917 345 6425, 
mbuckanoff@unicef.org
Rukshan Ratnam,  ユニセフ・リべリア, Tel:  +231 886 760 365,  
rratnam@unicef.org


■ユニセフについて
ユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)は、すべての子どもの権利と健やかな成長を促進
するために活動する国連機関です。現在190の国と地域※で、多くのパートナーと協力し、
その理念を様々な形で具体的な行動に移しています。特に、最も困難な立場にある子ども
たちへの支援に重点を置きながら、世界中のあらゆる場所で、すべての子どもたちのため
に活動しています。(www.unicef.org)

※ユニセフ国内委員会(ユニセフ協会)が活動する36の国と地域を含みます
※ユニセフの活動資金は、すべて個人や企業・団体からの募金や各国政府からの
  任意拠出金で支えられています

■日本ユニセフ協会について
公益財団法人 日本ユニセフ協会は、先進工業国36の国と地域にあるユニセフ国内委員会の
ひとつで、日本国内において民間として唯一ユニセフを代表する組織として、ユニセフ活動
の広報、募金活動、政策提言(アドボカシー)を担っています。 (www.unicef.or.jp)
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 公益財団法人日本ユニセフ協会
  4. >
  5. 【プレスリリース】エボラ出血熱 オーランド・ブルーム親善大使、リベリア訪問