STのイメージング技術が、視覚障害者に貢献

視覚障害者の目となるOrCamがSTのカメラ・モジュールとイメージ・プロセッサを採用

main image

多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーの
STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、5.1Mピクセルのカメラ・
モジュールと低消費電力を特徴とする画像処理プロセッサが、革新的な
視覚障害者支援カメラであるOrCamに採用されたことを発表しました。OrCamは、
眼鏡の上にクリップでとめることができる小型システムで携帯性が改善されて
おり、視覚障害者による道路標識、各種梱包や出版物などの判読を容易にします。

OrCamを装着したユーザは、物体を指さすことで、どんな情報が必要かをOrCamに
指示します。STのカメラ・モジュールVX6953と画像処理プロセッサSTV0987が
連動し、眼前の情報を解析・解釈すると、眼鏡に装着した機器が音声でその内容
をユーザに伝えます。STの技術と独自アルゴリズムを採用したOrCamは、様々な
周辺照度や新聞・道路標識などのあらゆる表面に対応しており、眼前の様子や
文章を瞬時に読み取ります。さらに、OrCamには各種物体のライブラリがあらか
じめ登録されていますが、ユーザは利用中に新しい物体を登録することも可能
です。

OrCam Technologies社の共同設立者 兼 会長であるAmnon Shashua教授は、次の
様にコメントしています。「STのVX6953により、短期間で超小型ユニットの開発
が可能になりました。固定焦点カメラにEDOF(強化被写界深度)機能を採用した
ことで、状況の変化に応じたオートフォーカス・モジュールの調節に要する時間
が短くなると共に省電力化され、携帯性も実現しました。」

STのエグゼクティブ・バイスプレジデント 兼 ヨーロッパ・中東・アフリカ地区
営業・マーケティング担当ジェネラル・マネージャであるPaul Grimmeは、次の様
にコメントしています。「STは、革新的な製品や技術を通して、人々の暮らしの
革新に貢献する可能性を継続的に探求しています。当社のカメラ・モジュールと
画像処理プロセッサの応用により、視覚障害者が安全に道路を渡り、道路標識を
確認し、また新聞やレストランのメニューを読めるようになることは、STによる
life.augumentedの良い例です。」

OrCamについては、Webサイト http://www.orcam.com をご覧ください。

OrCam Technologies社によると、重度の視覚障害数(成人)は、世界で3億4,200万人
にのぼります。全米保険医療統計センター(US National Health Center for Health Statistics)も、
視覚障害数(成人)は2100万人以上と発表しています。

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、「センス & パワー、オートモーティブ製品」と「エンベデッド・
プロセッシング ソリューション」の多種多様なアプリケーションに半導体を
提供する世界的な総合半導体メーカーです。エネルギー管理・省電力からデータ
・セキュリティ、医療・ヘルスケアからスマート・コンスーマ機器まで、そして、
家庭、自動車、オフィスおよび仕事や遊びの中など、人々の暮らしのあらゆる
シーンにおいてSTの技術が活躍しています。STは、よりスマートな生活に向けた
技術革新を通し、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。
2012年の売上は84.9億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト
http://www.st-japan.co.jp )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
デジタル製品グループ
TEL: 03-5783-8340 FAX: 03-5783-8216

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. STマイクロエレクトロニクス
  4. >
  5. STのイメージング技術が、視覚障害者に貢献