銀座ライオンビルのリフレッシュ工事に伴う「ビヤホールライオン 銀座七丁目店」休業のお知らせ<2017年1月10日(火)~2月28日(火)>

サッポロホールディングス株式会社のグループ企業である、株式会社サッポロライオン(本社・東京都中央区、社長・刀根義明)は、東京都中央区銀座七丁目9番20号に位置する自社ビル「銀座ライオンビル」のリフレッシュ工事を、2017年1月より実施します。これに伴い当ビル1階「ビヤホールライオン 銀座七丁目店」を2017年1月10日(火)~2月28日(火)の約1か月半、休業することをお知らせします。

「銀座ライオンビル」のリフレッシュ工事を、2017年1月より実施します。これに伴い当ビル1階「ビヤホールライオン 銀座七丁目店」を2017年1月10日(火)~2月28日(火)の約1か月半、休業することをお知らせします。

なお、2階「ビヤ&ワイン グリル銀座ライオン」、3階「くつ炉ぎ・うま酒 かこいや」、4階「和食・うま酒 入母屋」、5階「音楽ビヤプラザライオン」、6階「銀座クラシックホール」は、通常通り営業します。


【休業対象店舗概要】
店  名:ビヤホールライオン 銀座七丁目店
住  所:東京都中央区銀座7-9-20 銀座ライオンビル1F
電  話:03-3571-2590  
※休業中も電話は承れます
席  数:280席
 

「ビヤホールライオン 銀座七丁目店」内装



【銀座ライオンビル リフレッシュ工事内容】
・1階厨房・ドリンクカウンター、お客様用お手洗い等の改装
・地下1階・中2階の事務所等の改装
・消火設備の改変
・東側(ビル裏側)外装の一部改装  等


※1階「ビヤホールライオン 銀座七丁目店」の内装の変更はございません

 
 
■「銀座ライオンビル」のご紹介
「銀座ライオンビル」は、昭和9年4月8日、大日本麦酒(株)の本社ビルとして竣工し、1階にはビヤホールが開店しました。
空襲を免れた当ビルは、戦後昭和20年9月11日から昭和26年末まで進駐軍専用のビヤホールとして営業した時代もありました。その後解放され、一般のお客様にもご利用いただけるようになり、本年で創建82年を迎えました。

ビル及びビヤホールは、「天下一の建物に。後世まで残る日本を代表するビヤホールに」の想いが込められ、創建当時としては贅をつくし、建築家を含め多くの人から賞賛を集めるほど工夫を凝らした造りとなっています。
大麦や葡萄をモチーフとした装飾が施された店内は、「豊穣と収穫」がコンセプトです。
厨房機器など一部は時代に合わせ改良されていますが、内装の殆どは創建当時の姿のまま残され、時代を超えて多くのお客様からご愛顧いただいています。
 

創建当時の「ビヤホールライオン 銀座七丁目店」内装



以上


<この件に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。>
一般の方 : お客様相談センター   TEL:0120-848-136
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. サッポロホールディングス株式会社
  4. >
  5. 銀座ライオンビルのリフレッシュ工事に伴う「ビヤホールライオン 銀座七丁目店」休業のお知らせ<2017年1月10日(火)~2月28日(火)>