サイクロン・パム情勢レポート 被災各地へ物資の輸送続く 【報道参考資料】

1万2,000人以上の5歳未満児に予防接種を実施

サイクロンで破壊された家の前で座る、バヌアツ・タンナ島の住民たち。©UNICEF Pacific_2015

 

・ユニセフの情勢レポート(2015年4月5日~7日分)より、サイクロン・パム被災地の状況
とユニセフの活動ハイライトをご報告します。
・原文は、http://www.unicef.org/appeals/other_emergencies.html#vanuatu でご覧
いただけます。


【2015年4月8日 発】

サイクロン・パムがバヌアツを中心とする太平洋諸国を襲来してから、間もなく1カ月が
経過します。被災地では、壊れた家屋の建て直しや片づけ、復旧など、人々が生活基盤
の再建に追われています。そのような状況下で、子どもたちに対して可能な限りのケア
を行っている人々の様子を垣間見ることができますが、食べ物や安全な水などは依然と
して不足しており、子どもたちの生活は厳しい状況です。

学校に戻ることができていない子どももまだ多くいます。校舎の修繕が必要な学校が多い
こともその要因の一つですが、子どもたち自身が、復興の手伝いや食糧の調達、年少の
子どもたちの世話に従事していることも影響しています。

今なお、緊急支援物資の調達・輸送が優先的な課題ですが、ユニセフは、子どもたちが
学校に戻り、教育に加えて心のケアを受けられるようにする支援や、はしかと風疹の
予防接種キャンペーンの継続、子どもの栄養状態の確認を行うための支援の拡大なども、
並行して実施しています。

ユニセフは、今後9カ月間の支援活動に必要な資金を772万米ドルと見積もっていますが、
現時点で確保できているのはその半分です。

首都ポートボラからボートで支援に訪れた予防接種チームから、予防接種とビタミンAの投与を受けた子ども。© UNICEF_NYHQ2015-0530_Sokhin

 


■ユニセフの支援ハイライト
・シェファ州とサンマ州の1万2,220人の5歳未満児にはしかの予防接種を実施。
  キャンペーンをタンナ州に拡大する予定です。
・60人の保健、教育、司法の専門家、また写真家、デザイナー、芸術家などが、
  ユニセフが支援する子どもたちへの心のケア研修に参加しました。
・被災者の23%が、ユニセフの支援のもと、衛生キットを受け取りました。
・エファテの1,550人の子どもたちのもとに、心のケアのためのレクリエーションキット
 (ボールや遊具などのキット)9セットが届きました。
・ツバルで最も被害が大きかった北部地域に経口補水塩4,000袋を届けたほか、水や保健
  に関する緊急支援を引き続き行っています。


* * *

日本ユニセフ協会は迅速な支援活動を支えるための緊急募金へのご協力を呼びかけて
います。報道関係の皆様におかれましては、ユニセフ『自然災害緊急募金』の告知に
ご協力いただけますよう、お願いいたします。

                           ■□ 自然災害緊急募金 □■

               郵便局(ゆうちょ銀行) 振替口座:00190-5-31000
               口座名義:公益財団法人 日本ユニセフ協会

※通信欄に「自然災害緊急募金」と明記願います。※窓口での振り込みの場合は、
  送金手数料が免除されます。
※公益財団法人 日本ユニセフ協会への寄付金には、特定公益増進法人への寄付として、
  所得税、相続税、法人税の税制上の優遇措置があります。また一部の自治体では、
  個人住民税の寄付金控除の対象となります。
※募金に関する一般からの問い合わせ:フリーダイヤル0120-88-1052(平日9時~18時)

* * *

バヌアツで支援活動にあたっている根本巳欧 緊急支援専門官への取材のご希望は、
日本ユニセフ協会広報室までお問い合わせください。

* * *

■画像・映像素材のお貸し出しについて
ユニセフ本部サイト内にて、画像・映像のお貸し出しを行っています(無償)>
http://uni.cf/1Eh6Z8J
ご使用に当たっては下記の事項をご確認・遵守いただきますよう、お願いいたします。
・ユニセフの支援活動やその背景となる状況の説明としての使用
・画像・映像の編集・加工・トリミングは禁止
・提供元の記載 > 提供:(公財)日本ユニセフ協会

■報道お問い合わせ
日本ユニセフ協会  広報室
TEL:03-5789-2016  FAX : 03-5789-2036 jcuinfo@unicef.or.jp

■ユニセフについて
ユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)は、すべての子どもの権利と健やかな成長を促進
するために活動する国連機関です。現在190の国と地域※で、多くのパートナーと協力し、
その理念を様々な形で具体的な行動に移しています。特に、最も困難な立場にある子ども
たちへの支援に重点を置きながら、世界中のあらゆる場所で、すべての子どもたちのため
に活動しています。(www.unicef.org)

※ユニセフ国内委員会(ユニセフ協会)が活動する36の国と地域を含みます
※ユニセフの活動資金は、すべて個人や企業・団体からの募金や各国政府からの
  任意拠出金で支えられています。

■日本ユニセフ協会について
公益財団法人 日本ユニセフ協会は、先進工業国36の国と地域にあるユニセフ国内委員会の
ひとつで、日本国内において民間として唯一ユニセフを代表する組織として、ユニセフ活動
の広報、募金活動、政策提言(アドボカシー)を担っています。 (www.unicef.or.jp)

 
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 公益財団法人日本ユニセフ協会
  4. >
  5. サイクロン・パム情勢レポート 被災各地へ物資の輸送続く 【報道参考資料】