父親の子育て意欲は 9 年間、増加の一途日常の子育て行動は父親の職場環境が大きく影響 ~第 3 回 乳幼児の父親についての調査~

 株式会社ベネッセホールディングス(本社:岡山市)の社内シンクタンク「ベネッセ教育総合研究所」では、 2014 年 10 月に、0 歳から 6 歳(就学前)の乳幼児を持つ父親 2,645 名を対象に、「第 3 回乳幼児の父親について の調査」を実施しました。この調査は 2005 年、2009 年の実施につづき 3 回目となります。9 年間の比較を通して、 父親の子育てへの関わり、教育観や父親像、ワークライフバランスに関する意識や実態を把握し、父親と家族・ 社会とのつながりについて把握しています。

【主な調査結果】
※以下 1~5は首都圏の父親の回答。 詳細データは P3 以降に掲載しています。
1. 「家事・育児に今まで以上に関わりたい」と思う父親は 9 年間で増加した。
2005 年 47.9%、2009 年 54.2%、2014 年 58.2%と、10.3 ポイントの増加。

2. しかし、父親の家事・育児への関わりの実態は大きく変化していない。また、「子どもとの接し方に自信がもてない」 比率が増加している。
●関わっている家事・育児では、家事(ごみを出す、食事の後片付け)が若干増加した。しかし、その他の家事・育児で はほとんど増加はみられない。
●「子どもとの接し方に自信がもてない」比率が増加している。

3. その背景として、仕事からの帰宅時間が 21 時台以降と回答する父親の割合が、依然約4割を占める。
●21 時台以降に帰宅する父親は 37.8%(2005 年 46.8%、2009 年 39.2%)と、この 5 年間で大きな変化は見られな い。

4. 帰宅時間が早い父親(20 時台までの帰宅)は、家事・育児を多く行い、生活の満足度も高い。
●20 時台までに帰宅する父親は、平日に子どもと一緒に過ごす時間が多くなり、「子どもを叱ったりほめたりする」「子 どもと一緒に室内で遊ぶ」など、さまざまな家事・育児に関わる頻度が高い。
●生活満足度は、20 時台までに帰宅をする父親のほうが 21 時台以降に帰宅をする父親よりも高く(20 時台以前 77.4%>21 時台以降 70.1%)、自身の子育ての満足度も高い(20 時台以前 72.8%>21 時台以降 62.3%)。

5. 一方、帰宅時間が遅い父親は、父親の子育てに対する職場の理解がないと回答する傾向がみられる。
●21 時台以降に帰宅する父親は、「子どもとの時間を十分にとれない」「子どもとの接し方に自信がもてない」などの 思いを抱いている比率が高い。
●21 時台以降に帰宅する父親の職場では、「子どもが病気の際には、休みをとったり、早退したりしやすい」(20 時台 以前 72.1%>21 時台以降 59.4%)、「男性の子育て参加を大事にする風土がある」(20 時台以前 42.6%>21 時 台以降 27.1%)など、子育てを応援する風土が 20 時台までに帰宅する父親より低い傾向が見られた。

※帰宅時間による分析は、対象者を大学卒業以上で算出。

<サマリ>
 「イクメン」という言葉が社会に広がり、父親の子育てが注目されている中で、乳幼児を持つ父親たちはどのように感じ、 子どもや家族に向き合っているのでしょうか。今回の調査からは、父親自身が、今以上に家事・育児に関わりたいという意 欲が 9 年間で増加している結果となりました。一方で、実態を見ると、「ごみを出す」「食事の後片付けをする」以外のこと は大きく増加していません。また、「子どもとの接し方に自信が持てない」と回答する父親が増えています。この背景として、 仕事からの帰宅時間が早まっていないことがあげられます。
  乳幼児と接するには、就寝前の時間に帰宅していることが必要です。しかし、乳幼児の就寝時刻のピークである 21 時 頃までに帰れない父親が全体の約4割を占めています。この比率は、経年で見ても 5 年間で早まる傾向は見られません でした。子育てに関わりたいと思っていても、早く帰ることができず、子どもに接する機会を持てない父親の姿がうかがえ ます。
 実際に、早く帰っている父親の様子を見ると(20 時台までに帰宅)、21 時台以降に帰宅する父親に比べて、日常的に さまざまな子育てや家事に関わり、子育ての満足度や生活の満足度を得る傾向がうかがえました。一方、21 時台以降に 帰宅する父親は、子どもと接する時間がない、自信が持てないといった思いを抱いている様子が見られました。
 職場で男性の子育てに理解があり柔軟な働き方を支援する風土がある場合、父親の帰宅時間は早まる傾向にありま す。今後、共働き世帯が増えていく社会において、父親自身のワークライフバランスに配慮し、育児に参加しやすい職場 環境の整備をすすめ、父親の意欲を支える風土や仕組み作りが求められます。

【調査概要】
テーマ 父親の子育ての実態、子育て観、仕事と家庭のバランス、家族との関係など
時期 第 1 回 2005 年 8 月
第 2 回 2009 年 8 月
第 3 回 2014 年 10 月
調査方法 インターネット調査
調査対象 第 1 回 首都圏の 0 歳から 6 歳(就学前)の乳幼児をもつ父親 2,956 名(20~45 歳)
第 2 回 首都圏の 0 歳から 6 歳(就学前)の乳幼児をもつ父親 4,574 名(20~45 歳)
第 3 回 首都圏の 0 歳から 6 歳(就学前)の乳幼児をもつ父親 2,645 名(20~49 歳) ※首都圏は東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県
調査項目 子どもと関わる時間(平日・休日)/家事・育児の実態と希望/配偶者の就業状況/配偶者と の絆/子育てストレス/子育ての将来への不安/育児休業制度の活用実態 など
調査企画・ 分析メンバー 汐見稔幸先生(白梅学園大学 学長)
大日向雅美先生(恵泉女学園大学大学院 教授)
福丸由佳先生(白梅学園大学 教授)
高岡純子(ベネッセ教育総合研究所 次世代育成研究室 室長)
持田聖子(ベネッセ教育総合研究所 次世代育成研究室 研究員)
田村徳子(ベネッセ教育総合研究所 次世代育成研究室 研究員)
孫 怡(お茶の水女子大学 基幹研究院 リサーチフェロー

※監修者の解説および補足資料は、次の URL でご覧いただけます。
http://berd.benesse.jp/jisedai/research/detail1.php?id=4646

◆ベネッセ教育総合研究所のホームページから、本調査を含む、当研究所が行った過去の調査結果を ダウンロードできます。
http://berd.benesse.jp/


【グラフ】
①「家事・育児に今まで以上に関わりたい」と思う父親は 9 年間で増加した。 ●2005 年 47.9%、2009 年 54.2%、2014 年 58.2%


②しかし、家事・育児への関わりの実態は、大きく変わっていない。また、「子どもとの接し方に自信が持てない」割合も 増加している。
●関わっている家事・育児で増加しているのは、「ごみを出す」、「食事の後片付けをする」である。その他の家事・育児は ほとんど増加はみられない。
 

●「子どもとの接し方に自信がもてない」比率が増加している。(「よくある」「ときどきある」の合計)

③背景として、父親の帰宅時間が依然4割を占めていることが挙げられる。
●21 時台以降に帰宅する父親は 37.8%(2005 年 46.8%、2009 年 39.2%)であり、この 5 年間で大きな変化は見 られない。乳幼児の就寝時刻のピークは 21 時台であるため、21 時台以降の帰宅の場合、子どもと接し、子育てに関 わることができない父親が多いと思われる。
 

④帰宅時間が早い父親は、家事・育児を多く行っており、生活の満足度や自分自身の子育てについての満足度も高い。
●20 時台までに帰宅する父親は、21 時台以降に帰宅する父親よりも、「子どもを叱ったり、ほめたりする」「子どもと一緒に 室内で遊ぶ」など、さまざまな家事・育児に関わる頻度が高い。(「ほとんど毎日する」「週3~5回する」の合計)
 

 ●生活満足度は、20 時台までに帰宅をする父親のほうが 21 時台以降に帰宅する父親よりも高く(77.4%>70.1%)、 同様に自身の子育ての満足度も高い(72.8%>62.3%)。(「とても満足している」「まあ満足している」の合計)
 

⑤一方、帰宅時間が遅い父親は、父親の子育てに対する職場の理解がないと回答する傾向がみられる。
●21 時台以降に帰宅する父親は、「子どもとの時間を十分にとれない」「子どもとの接し方に自信がもてない」などの 思いを抱いている比率が高い。(「よくある」「ときどきある」の合計)
 

●21 時台以降に帰宅する父親の職場では、「子どもが病気の際には、休みをとったり、早退したりしやすい」(20 時台以 前 72.1%>21 時台以降 59.4%)、「男性の子育て参加を大事にする風土がある」(20 時台以前 42.6%>21 時台 以降 27.1%)など、子育てを応援する風土が 20 時台までに帰宅する父親より低い傾向が見られた。(「とてもあては まる」「まああてはまる」の合計)
 

以 上

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ベネッセホールディングス
  4. >
  5. 父親の子育て意欲は 9 年間、増加の一途日常の子育て行動は父親の職場環境が大きく影響 ~第 3 回 乳幼児の父親についての調査~