ブルンジ 武力衝突 およそ10万人が隣国へ避難 【プレスリリース】

多くが女性と子ども、一刻も早い保護を

タンザニアに到着するブルンジ難民たち©UNICEF Tanzania_2015_Mori

 


※本信は、ユニセフ本部の発信情報を元に、日本ユニセフ協会が作成・配信しています。
※原文は http://www.unicef.org/media/media_81909.html でご覧いただけます。


【2015年5月15日 ブジュンブラ(ブルンジ)発】

ブルンジでの武力衝突によって、10万人-その大半が女性と子ども-もの人々が隣国の
タンザニア、ルワンダ、コンゴ民主共和国へ逃れています。ブルンジ国内では戦闘状態
が続き、難民の数は更に増えるとみられています。

ユニセフの東部・南部アフリカ地域事務所代表のレイラ・パカラはこう話しています。
「国境に辿り着いた子どもたちの多くは健康状態が悪く、親と離れ離れになるなどして
同伴するおとながいない状態です。彼らを至急保護し、避難所、食べ物、保健サービス
などを提供しなくてはなりません」

・タンザニアには、7万人の難民が到着しています。現在カグンガで入国待ちをしており、
  ボートとトラックで徐々にニャルグス難民キャンプへ輸送されています。

・ルワンダでは、2万6,000人のブルンジ難民がマハマ難民キャンプに身を寄せています。

・コンゴ民主共和国では、依然としてトランジット・センターで入国待ちしている人々
が少数いるものの、避難してきた9,000人以上の難民の多くは、地元の家庭が受け
入れています。

タンザニアやコンゴ民主共和国のトランジット・センターで入国を待っている人々は、
衛生状態や生活環境が非常に悪い中での待機を余儀なくされており、特にコレラなどの
病気の発生が危惧されています。ユニセフは、こうした地域の衛生状況を改善し、
浄水剤やバケツなどの衛生用品を提供する支援を行っています。

また、難民となった子どもの多くが特別な保護を必要としていることを受け、ユニセフ
は保護者のいない子どもたちを登録し、ケアする支援も始めています。

ユニセフは影響を受けている国々すべてで、基礎保健ケア、栄養、水、衛生、子どもの
保護、教育の分野で支援活動を展開しています。難民が増え続けているなか、命を守る
人道支援の拡大が急務です。


* * *

■ 本件に関するお問い合わせ
日本ユニセフ協会  広報室 
TEL:03-5789-2016  FAX : 03-5789-2036  Eメール:jcuinfo@unicef.or.jp
または

Johary Randimbivololona, UNICEFブルンジ,  TEL: +257 718 19178,
Eメール:jrandimbivololona@unicef.org
Sandra Bisin, UNICEF タンザニア, TEL: +255 787 600079,
Eメール:sbisin@unicef.org
Siddartha Shrestha, UNICEFルワンダ, TEL: +250 788 30 1419,
Eメール: sidshrestha@unicef.org
Yves Willemot, UNICEFコンゴ民主共和国, TEL: +243 81 884 6746,
Eメール:ywillemot@unicef.org
Chris Tidey, ユニセフ・ニューヨーク, TEL:+1 917 909 9542,
  Eメール: ctidey@unicef.org


■ユニセフについて
ユニセフ(UNICEF:国際連合児童基金)は、すべての子どもの権利と健やかな成長を促進
するために活動する国連機関です。現在190の国と地域※で、多くのパートナーと協力し、
その理念を様々な形で具体的な行動に移しています。特に、最も困難な立場にある子ども
たちへの支援に重点を置きながら、世界中のあらゆる場所で、すべての子どもたちのため
に活動しています。(http://www.unicef.or.jp/

※ユニセフ国内委員会(ユニセフ協会)が活動する36の国と地域を含みます
※ユニセフの活動資金は、すべて個人や企業・団体からの募金や各国政府からの
  任意拠出金で支えられています

■日本ユニセフ協会について
公益財団法人 日本ユニセフ協会は、先進工業国36の国と地域にあるユニセフ国内委員会の
ひとつで、日本国内において民間として唯一ユニセフを代表する組織として、ユニセフ活動
の広報、募金活動、政策提言(アドボカシー)を担っています。 (http://www.unicef.or.jp/
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 公益財団法人日本ユニセフ協会
  4. >
  5. ブルンジ 武力衝突 およそ10万人が隣国へ避難 【プレスリリース】