STM32 F2マイコン向けにSTM32Cube(TM)開発プラットフォームを拡張

main image
STマイクロエレクトロニクス(NYSE: STM、以下ST)は、ARM(R) Cortex(R)-M3
搭載の32bitマイクロコントローラ(マイコン)であるSTM32F2(120MHz)を採用
した機器開発に対応するため、STM32Cube(TM)開発プラットフォーム(2月発表)
の新しいミドルウェアをリリースしました。現在、STM32Cubeは、STM32F2・F4
シリーズで利用することが可能で、2014年中に計画されている追加リリースに
より、すべてのSTM32マイコンに対応する予定です。

この新しいミドルウェアは、STM32Cubeの汎用ローレベル・ドライバおよび
ハードウェア抽象化レイヤ(HAL)を組み合わせた、すぐに利用可能なソフト
ウェア・コンポーネントの自動更新機能付きのライブラリを提供するため、
アプリケーションの開発を効率化し、バージョンや依存性に関する問題を無くし
ます。HALはコード移植性を向上させるため、開発者は各アプリケーションに
最適なSTM32マイコンを選択することができます。

STM32CubeMXグラフィカル・コンフィギュレーション・ツールは、新しい専用の
STM32F2ミドルウェアを補完し、アプリケーションの初期化コードを迅速に生成
します。ウィザードが、ピン、クロックおよびリソースのコンフリクトを避けた
割り当てを支援します。また、このツールが一般的な独立した開発ツール向けの
コード生成を行います。

最高のアクセス性と使いやすさを実現したSTM32Cubeは無料で利用することがで
きると共に、オープン・ソース・ソフトウェア、またはSTが提供・サポートする
ソフトウェアという形で、ユーザにとって使いやすいソフトウェア・ライセンス
を提供します。これには、STM32の評価を目的とした150件以上の使用例が含まれ
ています。

STM32Cubeの詳細ならびに無償ダウンロードは、 http://www.st.com/stm32cube
をご覧ください。

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、「センス & パワー、オートモーティブ製品」と「エンベデッド・プロ
セッシング ソリューション」の多種多様なアプリケーションに半導体を提供
する世界的な総合半導体メーカーです。エネルギー管理・省電力からデータ・
セキュリティ、医療・ヘルスケアからスマート・コンスーマ機器まで、そして、
家庭、自動車、オフィスおよび仕事や遊びの中など、人々の暮らしのあらゆる
シーンにおいてSTの技術が活躍しています。STは、よりスマートな生活に向けた
技術革新を通し、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。2013年の売上
は80.8億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト
http://www.st-japan.co.jp )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
マイクロコントローラ・メモリ・セキュアMCUグループ
TEL: 03-5783-8240 FAX: 03-5783-8216
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. STマイクロエレクトロニクス
  4. >
  5. STM32 F2マイコン向けにSTM32Cube(TM)開発プラットフォームを拡張