「まんが王国・土佐」がeBookJapanの電子書籍ビューワーを採用 ブラウザ上で高知県出身のマンガ家作品が立ち読み可能に

マンガNo.1(※1)の電子書籍販売サイト「eBookJapan」を運営する、株式会社イーブックイニシアティブジャパン(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小出斉(こいでひとし)、以下eBookJapan)が開発、提供を行っている電子書籍ビューワー「ブラウザ”楽読み”」が、2016年1月6日から、まんが王国・土佐推進協議会(会長:尾崎正直高知県知事)の管理、運営する「まんが王国・土佐」ポータルサイトに採用されました。

「まんが王国・土佐」は、「まんが甲子園」や「全国漫画家大会議 in まんが王国・土佐」のイベント情報や「まんが王国・土佐」の魅力を一元化して情報発信することを目的に開設された情報ポータルサイト。「王国の賢人たち」と名付けられたコーナーでは、高知県出身の漫画家70名以上が紹介されています。「ブラウザ”楽読み”」が採用されることで2016年3月5日、6日に開催される「第2回全国漫画家大会議 in まんが王国・土佐」に出席する漫画家、くさか里樹(『ヘルプマン!』)、正木秀尚(『TOTEMS-トーテムズ-』)、窪之内英策(『ツルモク独身寮』)、西原理恵子(『できるかな』)の各作品の立ち読み版を、ダウンロードすることなく、専用アプリ不要で、誰でもお手軽にブラウザ上で閲覧できるようになりました。
 

 

「まんが王国・土佐」ポータルサイト:http://mangaoukoku-tosa.jp/artist/?group=ka#anchor
 

ヘルプマン! (C)くさか里樹/講談社

TOTEMS-トーテムズ- (C)正木秀尚/小学館

ツルモク独身寮 (C)窪之内英策/小学館

できるかな (C) 西原理恵子/扶桑社

 



 

なお、「ブラウザ”楽読み”」を採用いただいたまんが王国・土佐推進協議会事務局(高知県文化生活部まんが・コンテンツ課内)から下記のコメントをいただきました。
 
「『まんが王国・土佐』のポータルサイト内で、紹介している『王国の賢人たち』(高知県出身漫画家)のうち、3月に開催される『第2回全国漫画家大会議 in まんが王国・土佐』に出演してくださる先生方の作品を閲覧できるようになり、とてもうれしいです。」(まんが王国・土佐推進協議会 事務局長 栗山典久)
 

eBookJapanでは、今後も「ブラウザ”楽読み”」をはじめ、読者のみなさまに電子書籍をより身近に楽しんでいただくサービスを提供してまいります。
(文中:敬称略)

■eBookJapanの主な特長
・世界最大級のマンガ作品数をはじめ、42万冊を超える “充実のラインナップ”
・購入した作品は複数端末(*)で楽しめ、My本棚は“背表紙表示”も可能
・手軽なブラウザでも、ダウンロード後はオフラインでも楽しめる “高画質リーダー”
*WindowsPC、Mac、iPad/iPhone/iPod touch、Androidに対応。

■株式会社イーブックイニシアティブジャパンについて
2000年に「SAVE TREES!」を合い言葉に創業した電子書籍業界の老舗です。2011年に東京証券取引所マザーズ市場に上場、2013年に東証一部へ市場変更。 (コード:3658 “365日ハッピー”)
コーポレートサイト: http://corp.ebookjapan.jp/
電子書籍販売サイト: eBookJapan (http://www.ebookjapan.jp/ebj/)

 
※1 有料電子コミック利用者の「電子コミックの購入先」(複数回答)において最も利用者の多い電子書店となりました。
出典:インプレスR&D インターネットメディア総合研究所「電子コミックビジネス調査報告書2012」3.5.2 電子コミックの購入先(P.76)
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社イーブック イニシアティブ ジャパン
  4. >
  5. 「まんが王国・土佐」がeBookJapanの電子書籍ビューワーを採用 ブラウザ上で高知県出身のマンガ家作品が立ち読み可能に