資生堂、新たなグローバルサプライチェーン拠点を大阪に設立 ~スキンケア製品のマザー工場として大阪工場を移転し生産能力を増強、物流を担う新拠点「関西統合センター(仮称)」も同敷地内に新設~

 資生堂は、中長期戦略「VISION 2020」の実現に向け、100年先も続く企業基盤の原型を築くべく、事業構造の再構築に取り組んでいます。「ブランド価値向上」のため積極的なマーケティング投資とイノベーション投資を行っており、すでに、基礎研究の新拠点としてグローバルイノベーションセンター(仮称)の設立を決定しました(横浜・みなとみらい21地区に2018年度末稼働予定)。さらにこの度、新たなグローバルサプライチェーン拠点を大阪府茨木市に設立します。新拠点には、日本を含むグローバル市場のニーズに的確に応える高品質なスキンケア化粧品の生産・供給体制強化を狙いに、「新・大阪工場」を建設し、現・大阪工場の生産機能を移転します。新工場は、現有のおよそ1.5倍の生産能力を有し、グローバルサプライチェーンマネジメント構想におけるスキンケア化粧品のマザー工場の役割を担います。加えて、同敷地内に、国内外向けの物流機能と商品の保管・出荷機能を併せ持つ、新物流旗艦拠点「関西統合センター(仮称)」を新設します。これら新拠点への投資額は合わせて約400億円を見込み、2018年度に着工し、2020年度より稼働する予定です。

《資生堂のグローバル戦略について》
 当社は、「世界で勝てる日本発のグローバルビューティーカンパニー」を目指し、中長期戦略「VISION 2020」の実現に向け取り組んでいます。世界に通用する強いブランドを育成するため、「センター・オブ・エクセレンス(Center of Excellence)」の考え方を基に、スキンケアは日本、メーキャップとデジタルマーケティングはニューヨーク、フレグランスはパリといったように、各カテゴリーにとってグローバルに影響力を持つ最先端のエリアで情報収集・戦略立案・商品開発などをリードし、それらを全世界のマーケティング展開に活かしています。なかでも、日本で開発・生産されるスキンケア化粧品については、高品質な「メイド・イン・ジャパン(made in Japan)」製品の象徴的存在として、日本国内のみならず中国、アジアをはじめとする世界中で積極的に需要を拡大する戦略を推進しています。今回新たに設立するグローバルサプライチェーン拠点は、この戦略をバックアップする存在として大きく寄与すると考えています。

《グローバルサプライチェーン戦略と新拠点について》
 当社は、中長期戦略「VISION 2020」の実現に向けて、全社的なマーケティング戦略と連動しながら、生産拠点の特長化及び先鋭化を目指し、グローバルな視点でサプライチェーン戦略の構築を進めています。生産工場で発生する製造原価だけでなく、市場までのリードタイムや在庫、原材料調達など様々な要素を加味し、どこで・どの商品を作るべきかを判断・決定するなど、柔軟に対応できる体制づくりに取り組んでいます。
 また、S&OP(需要予測・供給計画など)システムをグローバルに導入することで、市場の動きとサプライチェーンを統合させ、「必要な時に」「必要なだけ作り」「お客さまへタイムリーにお届けする」というサプライチェーンのあるべき姿の実現を目指しています。
 新拠点は、サプライチェーン全体でのイノベーション強化を狙いに、研究開発と連動しながら、高品質なスキンケア商品を安定して市場に供給できるサプライチェーンプロセスのイノベーション拠点として設立します。また、グローバル企業の責任として、省エネや輸送の削減を追求し、生産と物流拠点の一体化によるシナジー効果を創出します。さらに、地球環境への負荷低減や周辺環境への配慮・調和を追求し、地域との共生を図ります。
 

 

◆「新・大阪工場」建設について
 新工場はグローバルに展開する、中・高価格帯の中心ブランドを生産するスキンケア化粧品のマザー工場として、競争力を持つ高品質の商品を生み出していきます。そのために、経口薬製造において採用されている基準と同等の国際規格ISO22716に準拠し、厳しい製造・品質管理(組織編制から、設備、衛生、人材、原料・梱包資材、廃棄などに至るまで)を徹底します。また、これまで培ってきたスキンケア生産のノウハウを基盤に、ロボットと人が協働しながら高効率な生産技術を創造する「未来を創る工場」として、資生堂のものづくりをリードしていきます。

◆「関西統合センター(仮称)」について
 これまで、工場(生産)・物流センター(保管)・商品センター(出荷)の各機能別に分かれていた物流フローを統合し、原材料の入出庫・保管、工場で生産した商品の保管・出荷までを一体で行います。また、最新の物流技術を導入し、ロボットを活用した商品の仕分け、ピッキング、保管が行える効率性の高いピッキングシステムなどを採用します。これにより、更に短時間・低コストでの運用が可能となり、効率的な商品供給体制を実現します。
 将来的には、国内はもとより海外のお客さまや市場のニーズに迅速に対応するため、物流ハブ機能としての充実も視野に入れ、更なる効率化と市場対応力強化を目指します。

◆「新・大阪工場」および「関西統合センター(仮称)」の概要
<名称>
工場  :資生堂 大阪工場
物流拠点:資生堂 関西統合センター(仮称)
<建設予定地>大阪府茨木市彩都東部地区
<土地面積>72,350平方メートル(約2.2万坪)
<建築面積>工場:15,000平方メートル 物流拠点:13,000平方メートル
<階数>工場:地上4階建 物流拠点:地上5階建
<新工場 生産品目>スキンケア製品等
<新工場 生産能力>年間約1億個
<投資規模>約400億円
<着工時期(予定)>2018年度中
<稼働開始(予定)>2020年度中
 ※上記は計画段階のものであり、内容等に変更の可能性があります。

<参考資料>
当社における、各工場・物流拠点の概要と主な担当製品一覧(2016年2月現在:国内3工場、海外10工場)
【日本 3工場】

【海外 10工場】

【主な物流拠点】

◆国内
(株)日立物流および日立物流コラボネクスト(株)などへアウトソーシング
◆海外(3拠点)
中国・・・上海ディストリビューション・センター(中国・上海市)
アメリカ・・・アメリカディストリビューション・センター(アメリカ・オハイオ州)
ヨーロッパ・・・ヨーロッパディストリビューション・センター(ドイツ・デュイスブルク)


▼ ニュースリリース
http://www.shiseidogroup.jp/releimg/2559-j.pdf?rt_pr=tr493

▼ 資生堂グループ企業情報サイト
http://www.shiseidogroup.jp/?rt_pr=tr493
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社資生堂
  4. >
  5. 資生堂、新たなグローバルサプライチェーン拠点を大阪に設立 ~スキンケア製品のマザー工場として大阪工場を移転し生産能力を増強、物流を担う新拠点「関西統合センター(仮称)」も同敷地内に新設~