「明日、カウンターの地平線で」

芥川賞作家 藤沢周が初となるネット小説。連載スタート!

http://r.gnavi.co.jp/g-interview/entry/2320
飲食店情報検索サイト「ぐるなび( http://r.gnavi.co.jp/ )」を運営する株式会社ぐるなび(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:久保征一郎 以下、ぐるなび)は、 2015年6月3日より、ぐるなびが提供するコンテンツサイト「みんなのごはん( http://r.gnavi.co.jp/g-interview/ )」にて「明日、カウンターの地平線で」の連載をスタートします。
「明日、カウンターの地平線で」 は、 1998年に「ブエノスアイレス午前零時」で第 119 回芥川賞を受賞した藤沢周氏にとって初のインターネットネット小説となり、「みんなのごはん」のための書き下ろし作品です。実在する複数の飲食店を舞台に、様々な出来事が起こる連作短編。人生の奇妙な断面をのぞかせつつ、人への愛しさと味覚を堪能する1話完結形式で展開します。食べる、飲む、そして、人生の機微を読む「美味しい」連載です。

「みんなのごはん」は、2013年2月にスタートし、“グルメ系ごった煮コンテンツサイト”をコンセプトに、役立つ知識から抱腹絶倒の記事まで、グルメに関することを幅広く取り上げています。ニュースやまとめ記事のほか、マンガ、レシピ、コラムなど、さまざまな表現方法で、グルメの魅力を伝えています。「みんなのごはん」においても、連載小説は初の試みとなります。今回の連載により、ぐるなびのサイトへの流入の増加ともに、純文学が加わることで、コンテンツのさらなる多様化を目指します。
 

■藤沢周氏のコメント
その料理の湯気の動き、金色に輝く油の輪の形、店の匂い、人、音……すべての感受性を全開にして、ぐるなびみんなのごはんを楽しみたいと思います。「むむっ、これは教えたくない!」という、独り占め願望をできるかぎり禁欲し、存分に美味しさ、心地よさを伝えることに快楽を見出していきたいです。

■藤沢周(ふじさわ・しゅう) 作家・法政大学教授‘59年、新潟県生まれ。法政大学文学部卒業。書評紙「図書新聞」編集者などを経て、‘93年「ゾーンを左に曲がれ」で作家デビュー。‘98年「ブエノスアイレス午前零時」で第119回芥川賞受賞。「オレンジ・アンド・タール」「波羅蜜」 「武曲」など著書多数。新刊は「界」(文芸春秋)

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ぐるなび
  4. >
  5. 「明日、カウンターの地平線で」