12年に一度、申年の赤肌着は健康に過ごせる縁起物

12月1日(火)より「イオン」約300店舗で本格展開

イオンリテール株式会社は、12月1日(火)より、2016年の干支である申年に身に着けると縁起がよいとされる「赤肌着」を本格展開します。

売場イメージ

赤肌着は、「申年に赤パンツを履くと “病がサル(去る)” “災いがサル(去る)” 」ということで、贈答用としても、自分用としても縁起がよいといわれています(※言い伝えは地域により異なります)。


レディスインナーでは、サル柄のショーツやキャラクターの腹巻、毛糸のパンツのほか、表面はアクリル素材で肌に触れる裏面は綿素材の二重編みであたたかいトップスインナーなど、冬の寒さを取りサル(去る)商品を品揃えしました。

また、メンズインナーでは、プチギフトとしても喜ばれるブランドパンツ、ボクサーパンツを丸めて恵方巻きに見立てた肌着など、これから迎えるバレンタインや受験、就職活動などの縁起を担ぎたいシーン、ライバルを抜きサル(去る)といったシーンにも活躍するギフト商品もご用意しました。

<商品の一例>
○トゥシェ 申柄成型ショーツ(レディス)
・価格:1,000円(税込1,080円)
・サイズ:M/L
 

トゥシェ 申柄成型ショーツ(前)

 


【販売概要】
・展開日:12月1日(火)より
・展開店舗:本州、四国の「イオン」の約300店舗
・アイテム数:最大105数
※店舗によって取扱いの商品が異なります

以上
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. イオン株式会社
  4. >
  5. 12年に一度、申年の赤肌着は健康に過ごせる縁起物