富士山ビュー特急、2016年春デビュー

富士山に一番近い鉄道・富士急行線に新型特急が登場

 

 富士急行株式会社(本社:山梨県富士吉田市、社長:堀内光一郎)は、会社創立90周年事業第1弾として、新型特急「富士山ビュー特急」を2016年春に導入いたします。

 この「富士山ビュー特急」は、当社線の観光列車“富士登山電車”を手掛けた水戸岡鋭治氏がデザインを担当しており、その名の通り車窓から世界遺産・富士山の雄大な姿を望むことのできる特別な列車です。木を活かした居心地の良い車内では、オンリーワンのスイーツやドリンクを提供し、ゆったりとしたホテルのような空間を演出いたします。

 2016年2月に引退予定のフジサン特急2000系に代わり、「富士山ビュー特急」が皆様に特別な鉄道の旅をご用意いたします。ぜひご期待ください。

 
1.名   称    富士山ビュー特急(ふじさんビューとっきゅう)
            FUJISAN VIEW EXPRESS

2.編   成    1編成3両
           (JR東海371系 7両1編成を改造)

3.運行経路    富士急行線 大月駅~河口湖駅間

4.停 車 駅    大月、都留文科大学前、富士山、富士急ハイランド、河口湖

5.そ の 他    運行開始日等の詳細につきましては、後日改めて発表致します。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 富士急行株式会社
  4. >
  5. 富士山ビュー特急、2016年春デビュー