Amazon.co.jp、セルフサービスで仕入先として登録できる新サービス「Amazonベンダーエクスプレス」を提供開始

小規模でもAmazonでビジネスが可能に ~ビッグデータの活用により、商品の卸売価格がオンライン上で明確にわかる~

総合オンラインストアAmazon.co.jp(以下、Amazon)は、本日2016年2月1日(月)より、セルフサービスでAmazonの仕入先として登録できる新サービス「Amazonベンダーエクスプレス」(http://vendorexpress.amazon.co.jp)の提供を開始します。
「Amazonベンダーエクスプレス」は、セルフサービスで商品情報などをオンライン登録し、Amazonのフルフィルメントセンターに送付することにより、登録から発送まで最短1日で、Amazonの仕入先として取引が開始できるサービスです。これまでAmazonの仕入先は、バイヤーを通して契約を結び、商談で価格などを決めて商品を卸していました。「Amazonベンダーエクスプレス」の導入により、バイヤーを介することなくオンライン上のセルフサービスで仕入先として登録し、小規模でも簡単にAmazonでビジネスをすることができるようになります。

「Amazonベンダーエクスプレス」は、Amazon上の類似商品の価格などのビッグデータを活用することにより、商品の卸売価格がオンライン上で明確にわかることが特徴です。さらに、Amazonが商品の保管・管理、販売、発送、返品、お客様からの問い合わせなどに対応するため、仕入先が効率的に販路を拡大することが可能になります。また、Amazonへの商品送付には着払いをご利用いただけます。

Amazonは「地球上で最も豊富な品揃え」「地球上で最もお客様を大切にする企業であること」をビジョンに掲げており、「Amazonベンダーエクスプレス」を通じてお客様により多くの品揃えを提供することができるようになります。

なお、アメリカでは2014年6月から、「Amazonベンダーエクスプレス」の提供を開始しており、ドイツ、イギリスに続き、日本が4か国目となります。
Amazonは、今後もお客様とビジネスパートナーのさらなる利便性を追求し、サービスの強化に努めてまいります。
 

「Amazonベンダーエクスプレス」のトップページ画面


<概要>
名   称 : Amazonベンダーエクスプレス
U  R  L  : http://vendorexpress.amazon.co.jp
開 始 日 : 2016年2月1日(月)
サービス内容: オンライン登録とサンプル商品送付でAmazonとの卸売取引が可能になる。
サービス特長:
 1.    法人・個人事業主の取引先が商品の登録から商品をAmazonに発送するまで
    最短で1日のうちにAmazonとの卸売取引を開始できる。
 2.    ビッグデータの活用により、商品の仕入価格がオンライン上で明確にわかる。
 3.    Amazonが商品の保管・管理に加え、販売、発送、返品、お客様からの問い合わせなどに
    24時間体制で対応するため、効率的に販路を拡大することができる。
 4.    Amazonがより多くの品揃えをお客様に提供できる。
法人・個人事業主の取引先によるご利用の流れ
 1) 「Amazonベンダーエクスプレス」にアカウント登録
     (取引先情報、商品情報のオンライン登録、Amazonへの希望卸価格のオンライン入力)
 2)    納入依頼のあった商品をAmazonに着払いで送付
 3)    Amazonが販売・発送する商品として、オンラインストア上に表示され、お客様によるご注文が可能

対象商品:
•    文房具・オフィス用品
•    楽器
•    ホーム
•    キッチン
•    AV&モバイル
•    カメラ
•    パソコン・周辺機器
•    大型家電
•    おもちゃ
•    スポーツグッズ
•    家庭用工具・修理用品
•    産業・研究開発用品
•    自動車部品
•    ペット
•    ベビー&マタニティ
•    ビューティー
•    ヘルスケア&パーソナルケア
  ※この他のカテゴリーも今後追加される予定です。

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. アマゾンジャパン合同会社
  4. >
  5. Amazon.co.jp、セルフサービスで仕入先として登録できる新サービス「Amazonベンダーエクスプレス」を提供開始