Amazon.co.jp、Kindleストア 出版社別 年間トップ30社ランキングを発表

話題作の電子化や紙版との同時発売が売上を牽引

Amazon.co.jp(以下Amazon)は、「Kindleストア」における2015年の出版社別 年間売上ランキング上位30社を発表いたしました。
同ランキングは、2015年1年分のAmazon.co.jpにおけるKindle版販売金額に基づいて集計しています。(希望小売価格×販売数で集計、金額は非公表。)

2年連続で1位となったKADOKAWAは、コミック『ダンジョン飯』をはじめ、新刊Kindle作品の約半数を紙版との同時発売としたことや、年間を通じて多くの価格施策を実施したことで、一昨年に引き続き、売り上げを大きく伸ばしました。

一方で2015年は、文字物タイトルの躍進が目立った年でもありました。一昨年は11位だった文藝春秋は、又吉直樹の『火花』をはじめ、村上春樹の『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』などの人気作品をいち早く電子化したこと、人気雑誌『週刊文春』の紙版との同時発売を開始したこと、そして機動的なキャンペーンの実施で需要喚起を図ったことなどによって、一気にTOP5へとランクインしました。SBクリエイティブは、人気ラノベ『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』の新刊同時発売したことなどの施策が奏功し、初のTOP10入りを果たしました。

(※)KADOKAWAは全ブランドカンパニーを含む。インプレスグループはインプレス・リットーミュージック・山と溪谷社を含む。

(※)ブックビヨンドは、学研グループの電子書籍配信事業等を行う会社です。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. アマゾンジャパン合同会社
  4. >
  5. Amazon.co.jp、Kindleストア 出版社別 年間トップ30社ランキングを発表