冲方丁歴史小説シリーズ、電子書籍で15万ダウンロード突破! ファン待望の「シュピーゲル」シリーズ、電子媒体での連載開始が決定!

冲方丁(うぶかた・とう)氏の歴史小説シリーズである、『天地明察』『光圀伝』『はなとゆめ』の電子書籍での累計ダウンロード数が、15万を突破いたしました(2014年1月末時点)。

『マルドゥック・スクランブル』で日本SF大賞を受賞するなど、ライトノベル、SFの世界で活躍してきた冲方氏は、2009年、初の歴史小説『天地明察』を刊行。本作で第7回本屋大賞を含む5つの賞を受賞し、その後『光圀伝』、『はなとゆめ』とタイプの異なる歴史小説を発表し、多くのファンに支持されています。

冲方氏の歴史小説は全て電子書籍化され、2012年には『天地明察』が電子書籍取次会社・ブックリスタの年間ランキング総合・小説部門1位を獲得。3作目の『はなとゆめ』は、角川書店の文芸小説では初めての試みとして、テキストだけを収録した〈通常版〉と、新聞連載時の挿画(画/遠田志帆)198点をテキストとともに収録した〈電子ビジュアル版〉の二種類の同時配信を行いました。平安宮中の豪華絢爛なイラストが多数盛り込まれた電子ビジュアル版は、発売当初から話題となりました。

また、〈冲方丁最後のライトノベル〉である『テスタメントシュピーゲル』が2014年春より電子媒体にて連載スタートとなることも決定しました(連載媒体名、開始日時は後日発表いたします)。ファンから熱望される「シュピーゲル」シリーズ完結編の執筆へ向けて、冲方氏は現在準備中です。

2014年の冲方氏のさらなる活躍にご期待下さい!


■ 冲方丁氏の電子書籍作品
○『天地明察』

 

〈内容紹介〉
徳川四代将軍家綱の治世、ある「プロジェクト」が立ちあがる。即ち、日本独自の暦を作り上げること。当時使われていた暦・宣明暦は正確さを失い、ずれが生じ始めていた。改暦の実行者として選ばれたのは渋川春海。碁打ちの名門に生まれた春海は己の境遇に飽き、算術に生き甲斐を見出していた。彼と「天」との壮絶な勝負が今、幕開く――。日本文化を変えた大計画「改暦事業」をみずみずしくも重厚に描いた傑作小説。第7回本屋大賞受賞作。
『天地明察』特設サイト
http://www.kadokawa.co.jp/sp/200911-06/
〈税抜希望小売価格〉
上下各540円


○『光圀伝 電子特別版』

〈内容紹介〉
なぜ「あの男」を自らの手で殺めることになったのか─。老齢の光圀は、水戸・西山荘の書斎で、誰にも語ることのなかったその経緯を書き綴ることを決意する。
父・頼房に想像を絶する「試練」を与えられた幼少期。荒ぶる血を静めるために傾奇者として暴れ回る中で、宮本武蔵と邂逅する青年期。やがて学問、詩歌の魅力に取り憑かれ、水戸藩藩主となった若き“虎”は「大日本史」編纂という空前絶後の大事業に乗り出す─―。まったく新しい“水戸黄門”像の誕生! 「小説 野性時代」連載時の獅子猿氏のイラストが入ったデジタル特別版で配信!!
『光圀伝』特設サイト
http://www.kadokawa.co.jp/mitsukuniden/
〈税抜希望小売価格〉
上600円、中下各700円


○『はなとゆめ』

〈内容紹介〉
わたし清少納言は28歳にして、帝の后である中宮定子様に仕えることになった。華やかな宮中の雰囲気に馴染めずにいたが、17歳の定子様に漢詩の才能を認められ、知識を披露する楽しさに目覚めていく。貴族たちとの歌のやり取りなどが評判となり、清少納言の宮中での存在感は増していく。そんな中、定子様の父である関白・藤原道隆が死去し、叔父の道長が宮中で台頭していく。やがて一族の権
力争いに清少納言も巻き込まれていき……。美しくも心ふるわす清少納言の生涯!
『はなとゆめ』特設サイト
http://www.kadokawa.co.jp/hanatoyume/
〈税抜希望小売価格〉
1500円


○『はなとゆめ 電子ビジュアル版』

新聞連載時のカラー挿画(遠田志帆/画)全198点を収録した電子書籍オリジナル作品です。
※本文内容は、通常版の『はなとゆめ』と同一です。
〈税抜希望小売価格〉
1700円


○ 『テスタメントシュピーゲル1』

西暦2016年、国際都市ミリオポリス。憲兵大隊(MPB)に所属する涼月、陽炎、夕霧は今日もささやかな休息を寸断され、テロリスト集団と対峙していた。機械化された肉体を武器に重犯罪者と戦う〈特甲児童〉、だがその心にはいまだに癒えぬ痛みがある。単純に見えた事件の奥に過去へと繋がる断片を見出し、独自の調査へ乗り出す少女達。事態は重大な局面へ……。衝撃的ライトノベル、新シリーズ突入第1弾!
『テスタメントシュピーゲル』特設サイト
http://www.sneakerbunko.jp/series/testamentspiegel/
〈税抜希望小売価格〉
840円


各電子書籍はBOOK☆WALKER(http://bookwalker.jp/)ほか電子書店にて配信中!


■著者プロフィール

冲方丁(うぶかた・とう)
1977年岐阜県生まれ。96年『黒い季節』でスニーカー大賞金賞を受賞してデビュー。2003年『マルドゥック・スクランブル』で第24回日本SF大賞受賞。09年に刊行した初の歴史小説『天地明察』で第31回吉川英治文学新人賞、第7回本屋大賞、2011大学読書人大賞、第7回北東文芸賞、第4回舟橋聖一文学賞を受賞。12年『光圀伝』で第3回山田風太郎賞を受賞。
●公式ブログ 「ぶらりずむ黙契録」http://towubukata.blogspot.jp/
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社KADOKAWA
  4. >
  5. 冲方丁歴史小説シリーズ、電子書籍で15万ダウンロード突破! ファン待望の「シュピーゲル」シリーズ、電子媒体での連載開始が決定!