Amazon、エンジニア人材のワーキンググループとしてAmazon Japan Development Centerを開設

お客様のショッピング体験をさらに便利にするためのイノベーションを推進 ~ソフトウェア・エンジニアなどの技術職を年内に約100名新規雇用~

アマゾン ジャパン株式会社 (東京都目黒区) は、Amazonのエンジニア人材のワーキンググループとして 「Amazon Japan Development Center」 がAmazon内に開設されたことを発表致します。また2016年中に 「Amazon Japan Development Center」 に所属するソフトウェア・エンジニアなどの技術職社員を新たに100名ほど雇用することを目指すこともあわせて発表致します。
■URL:http://jp.amazon-engineer.com

Amazonにとってエンジニア人材は、企業ビジョンである「地球上で最もお客様を大切にする会社」を実現し、お客様により便利なサービスを提供するための重要な役割を担っています。現在Amazonは日本だけで約3,500名の従業員を直接雇用しており、そのうち約100名を占めるエンジニアたちは、International Technology、Search Experience、 Mobile Shopping and Points、Fashion Connection、A9 Relevance、A9 Search、Personalization、Seller Services、 Information Services、AWSという11部門において、日本を拠点に、世界中のお客様に革新的な付加価値を提供するための様々なグローバルプロジェクトに参画しています。

Amazonでは、社内のエンジニア人材が部門を横断して交流や連携を深め、経験やスキルを共有し、互いに切磋琢磨できる環境を整えるべく、この度、「Amazon Japan Development Center」を開設しました。「Amazon Japan Development Center」は、エンジニア育成に関わる社内アクティビティのみならず、今後はセミナーやワークショップなどのイベントを通じて社外のディベロッパーや、将来エンジニアとしてのキャリアを考える学生や若者に対する啓発活動も積極的に実施する予定です。

アマゾン ジャパン株式会社 代表取締役 ジャスパー・チャンは次のように語っています。「Amazon Japan Development Centerを通じエンジニアやディベロッパーなどの雇用を新たに創出することで、お客様にさらにご満足いただける新たなサービスの開発を加速できることを嬉しく思います。Amazonは日本経済に長期的に関与しており、今後も日本における投資や雇用創出を継続してまいります」。

アマゾンは、今後もお客様のさらなる利便性とカスタマーエクスペリエンスの向上を追求し、サービスの強化に努めてまいります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. アマゾンジャパン合同会社
  4. >
  5. Amazon、エンジニア人材のワーキンググループとしてAmazon Japan Development Centerを開設