累計発行部数4,500万部 コミック『静かなるドン』中国でドラマ化!!

株式会社クリーク・アンド・リバー社は、超人気コミック『静かなるドン』の中国国内における映像化権に関して、著者の新田たつお氏、出版社の株式会社実業之日本社と交渉し、中国のコンテンツ企画・製作会社、東阳多美影視有限公司(以下、多美影視)にてドラマ化するというライセンス契約の締結をサポートいたしました。
『静かなるドン』は、昼間は女性下着メーカーに勤めるサラリーマン、夜は子分1万人以上を束ねる暴力団の総長の顔を持つ主人公、近藤静也の奮闘を描いたコミック作品です。1988年11月15日号から2013年1月8日号まで雑誌『週刊漫画サンデー』(実業之日本社)で連載され、コミック全108巻の累計発行部数は4,500万部を超えています。当コミックはこれまで様々なメディア展開が行われております。1991年にオリジナルビデオが制作され、1994年に日本テレビ系列でドラマ化、2000年と2009年には日本で映画版が公開され、そのいずれもが人気を博しました。
 
当社は中国、韓国に現地法人を設け、積極的に日本のコンテンツを海外へ展開する版権エージェンシーを展開しています。この度、多美影視の代表、杜現朝氏より本作の実写ドラマ化の依頼があり、当社は実業之日本社と繋ぎ、原作の設定変更などの諸契約条件をすり合せ、実写化が決定。主人公の職業、舞台、時代背景などは中国に合わせてローカライズ(現地の言語や法令、慣習にあわせて修正)され、若者向けコンテンツ企画・制作で数々の実績がある多美影視がドラマ制作を担当します。中国大陸全土で放送・配信される予定です。

『静かなるドン』(新田たつお氏 著) 中国版ドラマ化

■原作コミック『静かなるドン』(全108巻)

著     者:新田 たつお 氏
出 版 社:実業之日本社
連載期間 :1988年11月15日号~2013年1月8日号(週刊漫画サンデー)

■中国版ドラマ『静かなるドン』企画・制作・配給会社 概要
会 社 名:東阳多美影視有限公司
代 表 者:杜現朝(元YOUKUTUDOU集団のCEO )
事業内容 :映像コンテンツ企画・製作・プロバイダー事業その他、TV局と新メディア(PC、スマートフォン、タブレットなど)へのドラマコンテンツ提供など
 

-----------------------------------------------------------------

現在、中国では海外ドラマの放送規制が一部強化されており、日本のコンテンツはローカライズ(リメイク)が必要なケースがあります。当社は日本の優れたコンテンツの版権交渉を行い、中国での実写化、ゲーム化、書籍化などの実現を様々な形で多数サポートした実績があります。
 
クリエイティブ分野のプロフェッショナル・エージェンシーとして60,000名のクリエイターネットワークを生かし、作品の世界観を表現できる監督を始め制作陣を日本から紹介し日中共同制作や監修を行うなど、他のプロジェクトも進めております。
 
今後も当社理念である「プロフェッショナルの生涯価値の向上」に向けて、クリエイターのさらなる活躍の場を国境、言語、慣習を越えて創出してまいります。
-----------------------------------------------------------------
■株式会社クリーク・アンド・リバー社 会社概要
本 社:東京都千代田区麹町二丁目10番9号 C&Rグループビル
設 立:1990年3月
代 表 者:代表取締役社長 井川 幸広
ネットワーク:東京・大阪・札幌・仙台・大宮・名古屋・京都・高松・広島・福岡・熊本・那覇/ソウル・上海・北京
事業内容:クリエイティブ・建築・ファッション・食・学術のプロフェッショナルに特化したエージェント、プロデュース、アウトソー
シング、著作権及びコンテンツの管理・流通。グループには、医療・IT・法曹・会計分野がある。
URL:http://www.cri.co.jp http://www.creativevillage.ne.jp(クリエイターのための情報サイト「CREATIVE VILLAGE」)

===================
【この件に関するお問い合わせ】
株式会社クリーク・アンド・リバー社
経営企画部 
TEL:03-4550-0008
 
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社クリーク・アンド・リバー社
  4. >
  5. 累計発行部数4,500万部 コミック『静かなるドン』中国でドラマ化!!