六甲山スノーパーク イスラム教徒向けの礼拝所を設置 ~訪日外国人へのサービス拡充~

阪神電気鉄道株式会社(本社:大阪市 社長:藤原崇起)のグループ会社、六甲山観光株式会社(本社:神戸市 社長:岡本交右)が運営する六甲山スノーパーク(旧称:六甲山〈人工〉スキー場)は、昨今、園内の約10,000平方メートルの雪ゾリ・雪あそび専用ゲレンデ「スノーランド」で雪の世界を楽しもうと、台湾を中心とした外国人団体及びFIT(個人旅行者)の来園が急増しています。当園では、訪日外国人向けの取り組みとして、IPadのアプリを使用した翻訳サービスの導入や、中国語を話せるスタッフの増員の他、日本語・英語・中国語での園内放送を実施するなど外国語対応のサービスを強化して参りました。雪ゾリ・雪あそびだけではなく、スキー需要の高まりを受け、安全で安心してスキーに挑戦していただけるよう、外国人向けスクールを2016年1月より実施します。ここ数年、訪日外国人へのサービス拡充を強化したことが奏功し、正確に数が把握できる団体利用者数において、昨年度は過去最高の約16,750人(2013年度 約8,300人)の訪日外国人にご来園いただきました。

また、近年、日本へのビザ申請の規制緩和が実施されるなど、インドネシアやマレーシアといった東南アジアからの訪日ムスリム旅行客が増加しており、当園では今後のさらなる訪日ムスリム旅行客の増加を見越し、今シーズンより新たにイスラム教徒向けの礼拝所を設置しました。レストランでは、ノンポークやアルコールフリーのピクトサインを掲出して言語バリアフリーを配慮するなど、ニーズに合わせた施設の整備、サービスの拡充に努めて参ります。今後も「食」及び「礼拝所」など、訪日ムスリム旅行客の受入れ態勢が整備されていることを海外営業において情報発信し、当園の認知度を高めることで、さらにお客様の裾野を広げる方針です。

イスラム教徒向け礼拝所 内観 / イスラム教徒向けピクトサイン(料金左部分)

 

外国人団体 雪ゾリゲレンデ利用時

◆イスラム教徒向け礼拝所
【期間】2015年12月5日(土)~2016年3月21日(月・休)
【時間】9:00~21:00
【場所】六甲山スノーパーク 旧バス待合所
【部屋数】2部屋(男性用、女性用) ※手・足洗い場併設
【対象者】イスラム教の礼拝を希望される方



【六甲山スノーパーク 営業概要】
[営業期間]2015年12月5日(土)~2016年3月21日(月・休)
 ※コンディション・イベント開催により営業を中止・内容を一部変更する場合があります
[営業時間] 9:00~22:00(21:30受付終了)
 <スキー> 9:00~22:00 <スノーランド> 9:00~17:00
 <スノーボード> (平日)9:00~22:00(休日)16:00~22:00
 ※休日・・・土曜・日曜・祝日および12/28(月)~1/6(水)
[入園料]大人・・・中学生以上  小人・・・3歳~小学生
◆デイタイムチケット(9:00~15:30)大人2,100円/小人1,050円 ※リフト料金別
◆ナイターチケット(16:00~21:30)大人2,600円/小人1,550円 ※乗り放題のリフト券付

六甲山スノーパークHP → http://www.rokkosan.com/ski/

<この資料に関するお問合せ先>
六甲山スノーパーク
TEL:078-891-0366
FAX:078-891-0757
〒657-0101 神戸市灘区六甲山町北六甲4512-98

リリース http://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/3835.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 阪神電気鉄道株式会社
  4. >
  5. 六甲山スノーパーク イスラム教徒向けの礼拝所を設置 ~訪日外国人へのサービス拡充~