もういくつ寝ると2016年お正月! 子どもたちが楽しみにしているお年玉、2015年のお正月に小学生がもらったお年玉の平均額はいくらだったの?

​株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)、学研教育総合研究所は、「2015年小学生白書WEB版」(2015年10月WEB調査により小学校1年生から6年生の男女、1,200名からの回答)の一部、『2015年のお正月にもらったお年玉の平均総額』について調査結果を発表した。

【平均総額】お年玉の平均総額は、約17,578円で、2014年9月調査の約18,727円より、1,150円の減少となった。


【もらっている子の割合】今回の調査対象1200名の88.7%、1064名の子がお年玉をもらっていると回答。そのなかでも、約9%の108名が35,000円以上もらったと答えている。                                          

【学年別の傾向】 低学年の平均総額は約15,247円、中学年は約18,139円、高学年は約19,348円と、学年が上がるにつれ、金額も多くなっている。また、もらっていない子は、低学年で17%、中学年で10%、高学年で6.5%だった。                       

【使い道】お年玉の使い道の第1位は「貯金」で、もらっている子の約65%がお年玉を貯金している。「全額貯金」かどうかは判読できないが、男女別でみると、1~6年男子の約62%、女子の約68%がお年玉を貯金しており、若干、女子のほうがお金に対して堅実な傾向がみてとれる。使い道第2位は「ゲーム機・ゲームソフト」(約30%)で、男女別にみると、1~6年男子が約36%、1~6年女子は約22%で、男子のほうが圧倒的にゲーム機・ゲームソフトをお年玉で買っている様子がわかる。普段のお小遣いでは買えない、高価な買い物として、お年玉でゲーム機やゲームソフトを求めているのではないだろうか。使い道第3位は「おもちゃ」(約22%)、第4位は「本・雑誌」(約9%)という結果が出た。

さて、2016年のお正月、小学生はいくらのお年玉をもらえるのだろうか。

《お年玉以外の調査結果については、学研教育総合研究所のホームページhttp://www.gakken.co.jp/kyouikusouken/にて2016年1月末に掲載予定》 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社 学研ホールディングス
  4. >
  5. もういくつ寝ると2016年お正月! 子どもたちが楽しみにしているお年玉、2015年のお正月に小学生がもらったお年玉の平均額はいくらだったの?