「自然採光システムによる省エネ照明と快適性向上」に対する取り組みが平成27年度「省エネ大賞(製品・ビジネスモデル部門)」で「省エネルギーセンター会長賞」を受賞しました(ニュースレター)

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:大野直竹、以下「大和ハウス工業」)とスリーエム ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、社長:三村浩一、以下「スリーエム ジャパン」)、三菱レイヨン株式会社のグループ会社である株式会社菱晃(本社:東京都中央区、社長:中村稔、以下「菱晃」)の3社による「自然採光システムによる省エネ照明と快適性向上」に対する取り組みが、一般財団法人 省エネルギーセンター主催の平成27年度「省エネ大賞(製品・ビジネスモデル部門)」において、「省エネルギーセンター会長賞」を受賞しました。

 

●受賞した「自然採光システムによる省エネ照明と快適性向上」に対する取り組みについて
 今回受賞した取り組みは、大和ハウス工業が販売する「環境負荷ゼロ」を目指した次世代環境配慮型建築「D’s SMART」シリーズに導入・採用しています。

 

●開発背景
 大和ハウス工業では、2011年11月、法人のお客さま向けの建築物について、2020年までに「環境負荷ゼロ」(運用時のCO2排出量をゼロ)を目指す「Smart-Eco Project(スマートエコプロジェクト)」をスタートさせ、パッシブ技術の開発などを通じて次世代環境配慮型建築「D’s SMART」シリーズの提案強化を図っています。
 そのような中、大和ハウス工業は2012年5月より、「ハックドラッグ小塚店」において「明るさ向上フィルム」と「太陽光屈折フィルム」、「光ダクト(きらポート)」を採用し、実運用しながら効果検証を行ってきました。
 そして、2014年9月には大和ハウス工業が建設した「D’s SMART」シリーズにおける「店舗環境に対する評価調査」を実施し、自然光と拡散光(※3)を両立させることで、従業員の業務効率が向上し、照明電力を従来比30%以上削減できる(※4)ことを検証しました。
 この実証実験で得られたデータをもとに、大和ハウス工業は、スリーエム ジャパンと菱晃の協力を得て、2014年12月、3つの製品を組み合わせた「自然採光システム」を確立しました。
 今後も、大和ハウス工業では、次世代環境配慮型建築「D’s SMART」シリーズなど多くの建物で「自然採光システム」を採用いただくことで、「環境負荷ゼロ」と建物内での快適性向上を図っていきます。
※3.光が物体にあたり反射拡散した光のこと。  
※4.昼光センサー制御付のLED照明のみの照明電力と比較した場合。

 

<省エネ大賞>
 本表彰は、一般財団法人省エネルギーセンターが実施(後援:経済産業省)しているもので、国内の産業・業務・運輸部門に属する企業、工場、事業場等の省エネルギーを推進している事業者及び省エネルギー性に優れた製品を開発した事業者の活動を表彰することにより、省エネルギー意識の浸透、省エネルギー製品の普及促進、省エネルギー産業の発展及び省エネルギー型社会の構築に寄与することを目的とした賞です。


■関連する「D’s SMART」シリーズのリリース
 ●環境配慮型オフィス「大和ハウス愛知北ビル」の実証実験を開始

  http://www.daiwahouse.co.jp/release/20111213181503.html

 ●「D’s SMART STORE(ディーズ スマート ストア)」の実証実験を開始
  http://www.daiwahouse.co.jp/release/20120507172417.html

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 大和ハウス工業株式会社
  4. >
  5. 「自然採光システムによる省エネ照明と快適性向上」に対する取り組みが平成27年度「省エネ大賞(製品・ビジネスモデル部門)」で「省エネルギーセンター会長賞」を受賞しました(ニュースレター)