「地域BWA」の新方式を利用した地域限定型の高速無線インターネットサービス「Baycom LTE」の提供を開始

阪急阪神ホールディングスグループの株式会社ベイ・コミュニケーションズ(本社:大阪市福島区、代表取締役社長:樽谷 篤明)は、2016年1月15日に地域BWAの無線局免許を近畿総合通信局より取得し、3月1日より、地域BWAの新方式を利用した無線インターネット接続サービス「Baycom LTE」サービスを開始します。
「地域BWA(Broadband Wireless Access)」は、地域の特性に応じたブロードバンドサービスの提供を目的として、2,575MHz~2,595MHzの周波数帯に割り当てられた地域バンドのことで、2014年10月に総務省の制度改正により、従来のWiMAX方式よりも高規格かつ汎用性の高いAXGP方式等が追加されました。

当社では、2010年から従来のWiMAX方式による無線ブロードバンドサービス「Baycom WiMAX」を提供するほか、自治体向け防災システムや地域の見守りなどのサービスを提供してまいりました。

この度、「Baycom LTE」のサービス開始により、サービスを高度化するとともに、行政と連携した防災防犯ネットワークの構築や災害時の緊急インフラとして地域の防災に寄与するサービスを推進してまいります。

【Baycom LTEのサービス詳細】
1.サービス開始日

2016年3月1日

2.料金(税込)
(1)月額利用料
2,980円  ※端末レンタル料、プロバイダ料込み。

(2)初期費用
2,160円  ※ベイコムサービス既加入者は0円。

3.通信速度
下り 110Mbps、上り 10Mbps  ※ベストエフォート型。

4.コアセンター設備提供事業者
阪神ケーブルエンジニアリング株式会社

5.サービスエリア
・兵庫県尼崎市、伊丹市、西宮市、大阪市北区・福島区、各エリアの一部

 

【株式会社ベイ・コミュニケーションズの会社概要】
1.本社      大阪市福島区海老江1丁目1番31号
2.資本金     4,000,000千円
3.設立      平成3年4月1日
4.主な事業内容  電気通信役務利用(有線テレビジョン)放送事業、電気通信事業
5.サービスエリア 大阪市西部、尼崎市、伊丹市、西宮市
6.対象世帯数   861,100世帯 ※内接続世帯数775,400世帯(90%)
7.加入世帯数   多チャンネルサービス 157,200世帯、
          インターネットサービス 153,300世帯
(対象世帯数および加入世帯数は2016年1月末現在)


本件に関するお問い合わせ先
株式会社ベイ・コミュニケーションズ 企画マーケティング部
TEL.(06)6450-1176
HP http://baycom.jp/

リリース http://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/3977.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス
    大阪市北区芝田1-16-1
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 阪急阪神ホールディングス株式会社
  4. >
  5. 「地域BWA」の新方式を利用した地域限定型の高速無線インターネットサービス「Baycom LTE」の提供を開始