阪神電鉄と武庫川女子大、UR都市機構が共同制作 沿線子育てガイドブック「mama’s smile武庫川団地編」を発行します!

阪神電気鉄道株式会社と武庫川女子大学では、2011年から子育て世代がお子様連れでも訪れやすく、楽しめるお店やスポットを紹介するマップを毎年共同で制作しています。この度は独立行政法人都市再生機構(以下、「UR都市機構」)とも連携し、阪神沿線における子育て世代にとっての住環境の良さをPRしたガイドブック、「mama’s smile 武庫川団地編」(A4サイズ 12ページ)を発行します。
当冊子は1万部制作し、2月26日から阪神電車の主要駅や一部のUR賃貸住宅 関西エリアUR営業センターなどで随時配布します。

【◎制作の経緯】沿線の活性化に資する様々な施策を積極的に推進するとともに、子育てに優しい沿線を目指している阪神電気鉄道と、教員・保育士養成で実績のある武庫川女子大学が協力して企画。2011年から毎年、文学部教育学科の西本望教授(幼児教育学)のゼミの4年生が担当し、今年度は、初めて、UR都市機構の協力を得て作成しました。

【◎対象エリア】今回は、梅田・神戸へ抜群のアクセスを持ち、阪神間でも有数の規模を誇るUR都市機構の武庫川団地とその周辺エリアを紹介しています。なお、これまでの制作エリアは、2011年「西宮・堀江」、2012年「神戸」、2013年「西宮~神戸東部」、2014年「阪神なんば線」、2015年「西宮~甲子園」です。

【◎UR都市機構と連携し、武庫川団地の魅力を学生が徹底取材!】
これまでは、子育て世代がお子さま連れでも訪れやすく、楽しめるお店やスポットを中心に紹介していましたが、今回は、「子育てしやすい住環境」を切り口に、UR都市機構の協力を得て、賃貸・分譲合わせて7,000戸を超える武庫川団地を学生が徹底取材しました。団地内とその周辺ではショッピング施設や公園などの遊び場が豊富に整備されており、子育てサークルなどの子育て支援活動も充実しています。当冊子は、そのような武庫川団地での子育てのしやすさや住みやすさのポイントを学生が紹介するもので、子育て世代が暮らす上での武庫川団地の魅力がギュッと詰まった冊子になっています。

【◎ストーリー仕立ての内容構成で読みやすさを追求!】
「武庫川団地物語」として、各ページ下部にイラスト付きのマンガを掲載。通常のガイドブックと比べて読みやすさを追求した構成となっています。
<内容>東京に住んでいた一家が父親の急な転勤のため、関西に引っ越しすることに。家探しをすべくUR賃貸住宅に相談したところ、武庫川団地を紹介される。実際に訪問し、UR職員に団地を案内してもらう中で、子育てしやすい環境に惹かれ、当団地に住むことを決めるという短編ストーリー

■「mama’s smile武庫川団地編」についてのお客さまからのお問合せ先
阪神電気鉄道株式会社 経営企画室 TEL:06-6457-2107(平日 9時~17時)
http://www.hanshin.co.jp/

「mama’s smile」HP:http://www.hanshin.co.jp/mamasma/

リリース:http://www.hankyu-hanshin.co.jp/file_sys/news/3971.pdf

発行元:阪急阪神ホールディングス株式会社
    大阪市北区芝田1-16-1
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 阪神電気鉄道株式会社
  4. >
  5. 阪神電鉄と武庫川女子大、UR都市機構が共同制作 沿線子育てガイドブック「mama’s smile武庫川団地編」を発行します!