電子書籍戦略会社であるブックウォーカーから、4月に4点紙書籍が発売になります。

デジタルファーストから紙の出版への試み

株式会社ブックウォーカー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:安本洋一)では、デジタルファーストからプリントメディアへ、逆の流れで紙書籍の出版を始めました。
■「カドカワ・ミニッツブック」など、デジタルファーストから紙の出版への試み
【カドカワ・ミニッツブック】など、デジタルファーストでコンテンツ展開を行ってきましたブックウォーカー社から、紙書籍で新たな読者に届け、どちらのメディアも選べるよう、デジタルファーストからプリントメディア展開を実施していきます。第一弾の4月に刊行する4点は、いずれもデジタルメディアでの親和性が高く、電子書籍での実績がありました。しかし、紙書籍への要望も多く、一見、ジャンルも読者層も体裁も異なってはいますが、ターゲットを明確にし、電子書籍と同じように、Twitter、Facebookなどを活用し、紙書籍でも確実に売れるものにできると考えます。デジタルと紙書籍と、どちらも楽しめる読書体験を提供いたします。
 

 

 


●4月10日発売

 

『シンプル・ビジュアル・プレゼンテーション』 櫻田 潤
体裁: A5版ソフトカバー160ページ 定価:1600円(税別)

 

 

情報整理7割:デザイン3割。
複雑な情報をわかりやすく伝えるテクニック
ビジュアル表現はビジネスシーンにおける効果的なツールです。しかし、ビジュアルを使うことでかえってわかりにくくなってしまうケースもあります。その原因の多くは、表現の部分ではなく、そもそも「言いたいことがまとめられていない」ことにあります。本書では、経済ニュースメディアの中で、膨大かつ複雑な情報をシンプルなインフォグラフィックとして分かりやすく伝えることで注目されている著者の思想や手法を、一般のビジネスパーソン向けにかみ砕いて説明しています。絵心に自信がなくても大丈夫! 大事なのは情報の整理整頓。そして、ストーリー性があることです。

 





●4月17日発売

 

『9番目の音を探して 47歳からのニューヨークジャズ留学』 大江千里
体裁:四六判ソフトカバー368ページ 定価:本体1800円(税別)

ニュースクール大学での4年半にわたるジャズ修行を綴ったリアルストーリー
今までのキャリアをすべて捨て、47歳の時に愛犬と一緒にNYへ留学した大江千里。20代のクラスメイトに「ジャズができていない」と言われ、がむしゃらに練習すれば肩を壊し、自信喪失する日々。しかし、ジャズレジェンドの教授たちに触れ、同期の仲間に励まされ、愛すべきスタンダード・ナンバーにまみれ、亀のような歩みでジャズを、音楽の喜びを手に入れていく。ポップミュージシャンからジャズピアニストへ。勇気と努力と音楽と仲間たち。【カドカワ・ミニッツブック】にて24回連載をまとめた心揺さぶられる感動のリアルストーリー。
帯文は『のだめカンタービレ』の漫画家・二ノ宮知子さん。

※4月17日(金)14:00-16:00にHMVエソラ池袋にてサイン会実施。
詳細はこちらで http://www.hmv.co.jp/st/event/20302/

 

●4月24日発売

 

『産褥記 産んだらなんとかなりませんから!』
吉田紫磨子(著) 吉岡マコ(監修)
体裁:A5版ソフトカバー144ページ 定価:本体1300円(税別)

なによりもどこよりもリアルな産後1か月の記録。
産褥期とは分娩後、母体が妊娠前の状態に回復するまでの期間のこと。産んだらなんとか……なりません。出産・妊娠オタク、産後うつを経て、産後ケアインストラクターになった著者。第2子を産んでほんの数時間後から約1か月の産褥期をなによりもどこよりもリアルに綴る。頑固な肩こり、腰痛、不眠など産後のトラブルによく効くエクササイズ、マドレボニータ代表吉岡マコによるコラムも掲載。カドカワ・ミニッツブックには載せられなかった「産褥期の養生のためのチェックシート」、かきおろしの長編コラムやイラストも多数収録しています。育児書には載らない、産後女性の体と心と脳の変化の記録をまとめた唯一の本!

 

●4月24日発売

 

『ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!』4Gamer.net編集部、川上量生
体裁:四六判ソフトカバー564ページ 定価:本体1900円(税別)

素晴らしきリアルゲーマーたちの愛と野望と挫折と哲学
廃ゲーマーたちは、いかにして自分たちの人生を切り拓いていったのか。プログラマー、将棋棋士、経営者、ジャーナリストらが語るゲームは133タイトル。4Gamer.netの話題の連載を収録し、さらに「あとからコラム」「あとがき対談」「ゲームリスト・ゲーム年表・ドワンゴ年表」も追加した超保存版。麻生巖、伊藤直也、海燕、栗田穣崇、清水亮、谷川浩司、津田大介、藤井太洋、森栄樹、やねうらお、阿部大護、佐藤辰男、佐野将基、平信一、千野裕司、中野真、伴龍一郎、横澤大輔(敬称略)が登場。過去3回行われたニコニコ超会議の反省会も収録。
※「ニコニコ超会議2015」は、4月25,26日開催。
詳細はこちらで http://www.chokaigi.jp/

KADOKAWA公式サイト: http://www.kadokawa.co.jp/
ブックウォーカーストア: http://bookwalker.jp/


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■スマホ時代のライフスタイルにベストマッチの電子書籍【カドカワ・ミニッツブック】
「カドカワ・ミニッツブック」は30分前後で読み切れる手頃な分量が特徴の電子書籍専用レーベルです。現在、KADOKAWAグループの多彩なジャンルから200タイトル以上を発売中です。
ミニッツブックというレーベル名には「分単位で読める本」という意味が込められ、表紙には「○○min」と想定読了時間の目安が明記されています。通勤・通学の「スキマ時間」に手軽に読めて、満足感のある内容をお届けします。KADOKAWAの直営ストアBOOK☆WALKERをはじめとする、スマートフォンや電子書籍端末に対応している各電子書籍ストアで絶賛発売中です。

カドカワ・ミニッツブック公式サイト: http://minutesbook.jp
カドカワ・ミニッツブックCM動画:http://www.youtube.com/user/minutesbook
※ミニッツブック無料カタログも各電子書籍ストアで絶賛配布中です!

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社ブックウォーカー
  4. >
  5. 電子書籍戦略会社であるブックウォーカーから、4月に4点紙書籍が発売になります。