V-Lowマルチメディア放送、九州・沖縄広域圏 親局 福岡局の予備免許を取得

株式会社VIP(東京都千代田区、代表取締役社長:仁平成彦、以下「VIP」)は、本日、総務省情報流通行政局長より、V-Lowマルチメディア放送の九州・沖縄広域圏親局である福岡局(福岡タワー)送信所の予備免許の交付を受けました。
VIPは、株式会社エフエム東京(代表取締役社長:千代勝美)が中心となり設立した持株会社BIC株式会社(代表取締役社長:千代勝美)の100%子会社で、2014年7月15日に総務大臣よりV-Lowマルチメディア放送に係る特定基地局の開設計画の認定証を受け、放送用送信所の無線免許手続きを行ってまいりました。
 今回の予備免許を受け、今後は、九州・沖縄広域圏での放送開始に向けて、送信設備の整備及び各種試験・調査等を進め、高品質な放送エリアの構築を目指してまいります。
概要については、下記のとおりです。

<V-Lowマルチメディア放送 九州・沖縄広域圏親局 福岡局>

■放送区域図(参考)

*「V-Lowマルチメディア放送」について
2011年7月、アナログテレビが終了。アナログテレビがデジタル化してUHFに移行した「跡地」を使い、主に移動体端末(例えばスマートフォンやカーナビなど)に向けて送る、全く新しい放送が「マルチメディア放送」です。マルチメディア放送の使用帯域となっているのは、アナログテレビの1~12チャンネルのいわゆるVHF帯と言われるもの。このVHF帯のうち、4~10チャンネルは自営通信(警察・消防)に利用されることに決まっており、それ以外の1~3チャンネルは「VHF-Low」(通称V-Low)、10~12チャンネルは「VHF-High」(通称V-High)と呼ばれています。「V-Low」では、地域密着型の「地方ブロック向けマルチメディア放送」が開始されます。現在、TOKYO FMは、多彩な産業分野のパートナー企業と共同でV-LOWマルチメディア放送の事業全般を推進するホールディングカンパニー「BIC株式会社」を設立し、音声や映像をリアルタイムタイムで楽しむだけではない、データ放送を活用した「便利な放送サービス」、「役に立つ放送サービス」を推し進めています。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. TOKYO FM
  4. >
  5. V-Lowマルチメディア放送、九州・沖縄広域圏 親局 福岡局の予備免許を取得