32ピン・パッケージで提供されるSTM32マイコン向けに、新しい開発ボードを発表

 

STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、32bitマイクロコントローラ(マイコン)であるSTM32ファミリの中でも、小型の32ピン・パッケージで提供される製品向けに新しい開発ボードをリリースし、「Nucleo」ボードのラインアップを拡張しました。この新しいSTM32 Nucleo-32は、幅広い統合開発環境に対応するだけでなく、ARM社のオンライン開発環境であるmbedに直接アクセスすることができます。Nucleoオープン・プラットフォームは、Arduino Nanoコネクタを通じて接続できる様々なハードウェア・プラグインとSTM32マイコンを組み合わせることができ、低コストの試作品を簡単に開発できます。

開発者は、STM32のソフトウェア・ライブラリや初期設定ツールであるSTM32Cubeのあらゆる機能を活用することで、ソフトウェア開発を簡略化し、STM32の製品間で設計を移植できます。NucleoにはFlashメモリへのプログラムのドラッグ・アンド・ドロップ書き込みを可能にするST-LINKデバッガ / プログラマが含まれており、個別のデバッグ・プローブは不要です。また、Nucleoは、mbedに対応しているため、mbed.org上にあるmbedオンライン・ツール、ならびにコラボレーション・インフラストラクチャを利用することができます。

現在、3種類のSTM32 Nucleo-32(STM32F031 / STM32F042 / STM32F303を搭載)が提供されています。さらに、超低消費電力32bitマイコンであるSTM32L0およびSTM32L4を搭載したNucleoは、2016年第1四半期にリリースされる予定です。

STM32 Nucleo-32の価格は約10.32ドルで、販売代理店または http://www.st.com/stm32nucleo より入手可能です。

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、私たちの暮らしに欠かすことのできないエレクトロニクス機器に、優れた性能と高い電力効率を特徴とした半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。あらゆるシーンで活躍するSTの製品は、お客様が開発する次世代モバイルやIoT機器の他、よりスマートな自動車、工場、都市および住宅を可能にします。STは、生活をより豊かにする技術革新を通じ、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。STは、10万社を超えるお客様に半導体を提供しており、2014年の売上は74.0億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( http://www.st-japan.co.jp )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
マイクロコントローラ・メモリ・セキュアMCU製品グループ
TEL : 03-5783-8240 FAX : 03-5783-8216
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. STマイクロエレクトロニクス
  4. >
  5. 32ピン・パッケージで提供されるSTM32マイコン向けに、新しい開発ボードを発表