ARM社のmbed OSへの対応でIoT機器の開発加速に貢献

製品開発の期間短縮と高効率化に理想的な業界をリードするSTM32マイコン、センサ、通信用ICおよび電力制御用IC

多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、ARM(R) Cortex(R)-Mプロセッサ搭載32bitマイクロコントローラ(マイコン)のSTM32ファミリと、業界をリードするセンサ、通信用IC、電力制御用ICが、ARM社の「mbed OS」の最新版が付属したmbed(TM) IoT Device Platformに対応したことを発表しました。このmbedプラットフォームは、すでに強力なSTM32 Open Development Environmentに対し、新しいIoT機器の開発に理想的な標準オペレーティング・システム、クラウド・サービスおよび開発ツールを付加します。

ARM社のIoTビジネス部門 マーケティング担当バイスプレジデントであるZach Shelby氏は、次の様にコメントしています。「ARM mbedは、これまでよりも大規模かつ簡単なIoT機器の開発・普及を可能にする安定した基盤を築きます。mbed OSとハードウェアとしてのSTM32ファミリが統合することで、開発者は製品のセールス・ポイントを生み出す差別化に注力することができます。また、開発プロセスが簡略化されるため、製品開発期間の短縮も可能になります。

STが提供するIoT機器に必要な5つの要素
・超低消費電力から超高性能までラインナップするSTM32ファミリの豊富な選択肢と幅広い性能
・動き、音、距離または環境を検知する完全なセンサ、MEMSマイクのポートフォリオ
・Bluetooth(R) Smart、Sub-GHzおよびその他RF技術に対応し、「Smart Things」との無線接続を可能にする通信用IC
・バッテリ寿命の最大化や新たなエナジー・ハーベスト技術の活用を実現する幅広い電源用デバイス
・アナログとデジタルのギャップを埋める信号処理技術

STの強力かつ使いやすい設計・開発エコシステムにmbedを加えることで、STは、IoT開発における抽象化、生産性および連携性の新たな基準を確立します。この取り組みにより、STは「Smart Things」を開発するIoT分野のイノベータおよびメーカーの最適な半導体パートナーというポジションを強化します。

STのマイクロコントローラ事業部 マーケティング・ディレクタであるDaniel Colonnaは、次の様にコメントしています。「STは、ARM社との協力を拡大することで、『Smart Things』やIoT機器を開発するお客様に対し、これまで以上に充実したツールキットを提供できるようになります。IoTは、創造性豊かな設計者にとって、これまでにないチャンスの宝庫です。STは、イノベータが独自のアイデアでスマートな商品を具現化するための、最も速く経済的な手段の提供に取り組んでいます。」

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、私たちの暮らしに欠かすことのできないエレクトロニクス機器に、優れた性能と高い電力効率を特徴とした半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。あらゆるシーンで活躍するSTの製品は、お客様が開発する次世代モバイルやIoT機器の他、よりスマートな自動車、工場、都市および住宅を可能にします。STは、生活をより豊かにする技術革新を通じ、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。STは、10万社を超えるお客様に半導体を提供しており、2014年の売上は74.0億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( http://www.st-japan.co.jp )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
マイクロコントローラ・メモリ・セキュアMCU製品グループ
TEL : 03-5783-8240 FAX : 03-5783-8216
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. STマイクロエレクトロニクス
  4. >
  5. ARM社のmbed OSへの対応でIoT機器の開発加速に貢献