STとQuantenna、4K対応Wi-Fiクライアント・ボックス向けに小型リファレンス設計を発表

・STの最新のUltraHD HDR対応プラットフォーム(Cannes 4K)と、Quantennaの4x4 802.11ac Wi-Fi(QSR1000)を統合
・超小型リファレンス設計を利用したクライアント・ボックスで、卓越した電波受信範囲、携帯性、マルチルーム視聴環境を実現
多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)と、超高性能Wi-Fi分野のリーダーであるQuantenna Communications, Inc.(以下Quantenna)は、住宅のWi-Fiネットワークに高品質な4K動画を配信する超小型ファンレス型クライアント・ボックス向けにリファレンス設計を発表しました。このリファレンス設計は、優れた室内電波受信範囲と携帯性、およびマルチルームの視聴環境を実現します。 

STのコンスーマ製品事業部ヘデッド・プラットフォーム・プロダクトライン ディレクターであるEric Benoitは、次の様にコメントしています。「STとQuantennaは、IBC 2015において、HDセット・トップ・ボックス(STB)のワイヤレス・クライアント市場向けに、世界初となるシングルチップ製品のCannes Wi-Fi(STiH390)SoCを発表するなど、過去より協力を進めてきており、新たなステップとして、4K UltraHD市場へも取り組んでいます。今回の協力は、住宅内の優れたマルチ・メディア体験を実現する、コスト効率と柔軟性に優れた4Kワイヤレス・ソリューションへの道を開きます。」

クライアント・ボックス向けの新しいリファレンス設計は、STの実績ある4K対応ARM(R)クアッドコアを搭載したシステム・オン・チップ(SoC)のCannes 4Kを統合しています。Cannes 4Kは現在入手可能で、主要なミドルウェアが実装されています。また、大規模なエコシステムによってサポートされるため、魅力的なソリューションを短期間で開発することが可能です。

STのCannes 4Kは、コストと性能が最適化されている他、QuantennaのQSR1000と組み合わせることで、DynaMMO(Dynamic multi-user MIMO)技術をサポートする4x4 MIMOアーキテクチャ、ダイナミック・デジタル・ビームフォーミング、および4空間ストリームを活用し、卓越した性能、帯域、信頼性、電波受信範囲を可能にします。また、ST/Quantennaのリファレンス設計は、各種規格に適合しており、サードパーティ製の802.11ac / 11n対応デバイスと相互接続が可能です。

Quantenna Communicationsのプロダクト・マーケティング担当 シニア・ディレクターであるHarpreet Chohanは、次の様にコメントしています。「住宅に設置されたSTB、OTTプラットフォームおよびコンスーマ機器で同等の快適性を実現するQSR1000は、有線と同じ品質の動画配信が求められる無線マルチ・メディア・アプリケーションに最適です。合計スループットが約2Gbpsになるこのリファレンス設計は、ロバストなインターネットTVを、コンクリート製の壁や階数の多い住宅において、1080pまたは4K (UltraHD)解像度で複数のデバイスに容易にストリーミングすることができます。」

STとQuantennaは、CES 2016(ラスベガス)の期間中に併設されるSTのプライベート・スイートにおいて、この新しいCannes 4K Wi-Fiリファレンス設計のデモを実施しました。

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、私たちの暮らしに欠かすことのできないエレクトロニクス機器に、優れた性能と高い電力効率を特徴とした半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。あらゆるシーンで活躍するSTの製品は、お客様が開発する次世代モバイルやIoT機器の他、よりスマートな自動車、工場、都市および住宅を可能にします。STは、生活をより豊かにする技術革新を通じ、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。STは、10万社を超えるお客様に半導体を提供しており、2014年の売上は74.0億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( http://www.st-japan.co.jp )をご覧ください。

Quantenna Communications, Inc.について
Quantennaは、Wi-Fi向けの超高性能半導体ならびにシステム・ソフトウェア・ソリューションの世界的リーダーかつイノベーターで、速度・帯域・効率・信頼性における基準を確立してきました。技術革新を継続しているQuantennaは、住宅、企業および公共エリアの次世代アクセス・ポイント向けに10G Wi-Fiテクノロジーを世界で初めて発表しました。QuantennaのWi-Fiソリューションは、現在入手可能なソリューションよりも進んでおり、より高速な伝送、広範な電波範囲、高い信頼性で、多数のデバイスとの通信を可能にします。クラウドベースのWi-Fi分析プラットフォームであるMAUIと組み合わせることにより、サービス・プロバイダは自動化されたリアルタイムのWi-Fi監視、最適化、自己回復機能を常に提供でき、最も優れたWi-Fi体験を実現します。 

QuantennaのWi-Fiチップセットは、AT&T社、DirecTV社、Orange社、Telefonica社をはじめ、世界中の大手機器メーカー、電気通信事業者、ケーブルTVおよび衛星放送のサービス・プロバイダ各社に採用されています。「Quantenna is Wi-Fi Perfected」 - Quantennaは、優れたWi-Fi技術を有し、業界最高性能のWi-Fiソリューションを提供します。詳細については http://www.quantenna.com をご覧ください。Facebook( https://www.facebook.com/Quantenna )、LinkedIn( https://www.linkedin.com/company/quantenna-communications/ )、およびTwitter( https://twitter.com/quantennacom )でフォローいただけます。
 
◆ STへのお客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
デジタル製品グループ
TEL : 03-5783-8340 FAX : 03-5783-8216

◆ Quantenna Communicationsへのお問い合わせ先
Sally Chan, +1 510 897 2711
ychan@quantenna.com
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. STマイクロエレクトロニクス
  4. >
  5. STとQuantenna、4K対応Wi-Fiクライアント・ボックス向けに小型リファレンス設計を発表