伊坂幸太郎著『マリアビートル』、大学生に読んで欲しい本を選ぶ「2014大学読書人大賞」を受賞!

角川書店 ブランドカンパニー

本年が7回目の開催となる「2014大学読書人大賞」の公開討論会が、5月11日東京都新宿区の日本出版クラブ会館で開催され、最終候補5作品より、伊坂幸太郎著『マリアビートル』(角川文庫)が「2014大学読書人大賞」に選ばれた。

 「大学読書人大賞」は、全国の大学の文芸サークルに所属する学生が参加し、投票と評論と議論によって、大学生に最も読んで欲しい本を選ぶ年1回の催しで、大学文芸サークルの学生有志によって組織された実行委員会が運営、一般財団法人出版文化産業振興財団(JPIC)がサポートしている。
 今回は、全国から30の大学文芸サークルが参加、56作品に投票があり、上位20作品が第一次候補作となった。その後、各候補作への推薦文投稿を経て、選ばれた最終候補5作品の中から、11日の公開討論会によって大賞作品が決定した。
 贈賞式は、6月下旬に開催される予定。
詳細は公式サイトへ:http://www.jpic.or.jp/dokushojin/

【投票の結果】
大賞 伊坂幸太郎著『マリアビートル』(角川文庫)
2位 芝村裕吏著『富士学校まめたん研究分室』(ハヤカワ文庫JA)
3位 江波光則著『鳥葬 -まだ人間じゃない-』(ガガガ文庫)
4位 ジュノ・ディアス著『こうしてお前は彼女にフラれる』(新潮社)
5位 似鳥鶏著『昨日まで不思議の校舎』(創元推理文庫)

『マリアビートル』について
殺し屋シリーズ累計160万部突破!
東京発盛岡着、2時間30分のノンストップエンターテインメント!


<内容>
幼い息子の仇討ちを企てる、酒びたりの殺し屋「木村」。優等生面の裏に悪魔のような心を隠し持つ中学生「王子」。闇社会の大物から密命を受けた、腕利きの二人組「蜜柑」と「檸檬」。とにかく運が悪く、気弱な殺し屋「天道虫」。疾走する東北新幹線の車内で、狙う者と狙われる者が交錯する――。
小説は、ついにここまでやってきた。映画やマンガ、あらゆるジャンルのエンターテイメントを追い抜く、娯楽小説の到達点!『グラスホッパー』に続く、殺し屋たちの狂想曲。

【ラジオドラマ配信中】https://www.youtube.com/watch?v=cWvgeHx7IaY
【特設サイト】http://www.kadokawa.co.jp/mariabeetle/

<著者プロフィール:伊坂幸太郎(いさか・こうたろう)>
1971年千葉県生まれ。95年東北大学法学部卒業。2000年『オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。『アヒルと鴨のコインロッカー』で第25回吉川英治文学新人賞、短編「死神の精度」で第57回日本推理作家協会賞を受賞。08年『ゴールデンスランバー』で第21回山本周五郎賞、第5回本屋大賞を受賞。著書に『グラスホッパー』『重力ピエロ』『砂漠』『フィッシュストーリー』『モダンタイムス』『オー!ファーザー』『PK』『夜の国のクーパー』『残り全部バケーション』『ガソリン生活』『死神の浮力』『首折り男のための協奏曲』などがある。

【定価(税込)】802円 【体裁】文庫判 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社KADOKAWA
  4. >
  5. 伊坂幸太郎著『マリアビートル』、大学生に読んで欲しい本を選ぶ「2014大学読書人大賞」を受賞!