世界初のライブホログラフィック常設劇場にてPR・プロモーションでの”最新VR技術の活用法“をご提案

「DMM VR THEATER」内覧のご案内
2016年2月25日(木)13:00~14:30/15:00-16:30
2016年2月26日(金)13:00~14:30/15:00-16:30 於:DMM VR THEATER

拝啓 立春の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。平素は、格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
このたび、「DMM VR THEATER」は、企業様・代理店様に向け、企業のPRやプロモーションに活用いただく上で、新たなVR技術と活用法のご提案の場として、2月25日(木)と2月26日(金)に内覧会を開催させていただきます。
当日は、実際にVRの世界観を体験いただける映像プログラムの公演や質疑応答のお時間を予定しております。ご多忙の中大変恐縮ですが、ご出席いただけましたら幸いです。
なお、内覧会の出欠につきましては、メール本文の出欠通知に必要事項をご記入のうえ、2月22日(月)迄にメールまたはお電話にてご返送、お申し込み下さいますようお願い申し上げます。
                                                敬具

                        記

1.日 時  ■「DMM VR THEATER」 内覧会
    日時 : 2016年2月25日(木) 13:00~14:30/15:00-16:30(受付開始 12:30~/14:30~)
    2016年2月26日(金) 13:00~14:30/15:00-16:30(受付開始 12:30~/14:30~) ※受付が終わ    り次第、館内にお入りいただけます。
    ※当日の混雑状況により上記時間内で時間が前後する可能性がございます。
    
2.会 場 「DMM VR THEATER」 神奈川県横浜市西区南幸2-1-5         

3.受 付 会場入り口にて受付いたします。
※受付にて名刺をお預かり致しますので、名刺2枚のご用意をお願い致します。
※コンテンツ上映は冒頭の30分を予定しており、途中退室可能となります。

4.内  容
・事業主挨拶
・事業説明
・劇場紹介(概要、施設・機能説明)
・デモコンテンツ上映
・質疑応答・劇場内見学(来場者誘導&説明)

以上


「DMM VR THEATER」 概要
横浜駅西口に常設する最新鋭の技術を使用した世界初のライブホログラフィック常設劇場として9月11日(金)にグランドオープン。
第一弾公演として、X JAPANのギタリストであり、ソロアーティスト「hide」のホログラフィックライブを行い、まるで目の前に「hide」がいるかの様な、迫力のライブパフォーマンスで多くの観客を魅了しました。
 

 

https://www.youtube.com/playlist?list=PL_1QPO8I49HDoEbIILKJxX3AkU-9WUtEr


「DMM VR THEATER」 ホログラフィック技術について

世界最高峰のシステムで 実現するホログラフィック舞台演劇
多元レイヤーで構成されたペッパーズゴースト(視覚トリック)型ホログラフィック投影装置をステージ舞台とすることで、3DCGで制作された映像に物理的な奥行きを加え、あたかもそこに役者が存在するかのような錯覚を作り出す「手品的な」演出を行います。フルCGによる舞台演劇・歌劇といった唯一無二の新しいタイプの劇場です。

シースルー投影により奥行きのある立体レイヤー構造
ハーフミラー性能のスクリーンとLEDを用い、シースルー投影のテクノロジーにおけるそれぞれのメリットを最大限に活かしたパッケージとして組み上げ、まるで魔法の様なホログラフィック立体視を可能とします。実空間には存在しないキャラクター達がまるでそこに存在している様な錯覚をオーディエンスに与えるステージです。既に行われている、透過ボードや反射トリックを用いた既存の演出の、さらに二次元先のステージが常設舞台に設置され、幅広いフォーマットの公演に対応可能です。
 

 


―― 会場ご案内 ――
住所 :〒220-0005 神奈川県横浜市西区南幸2-1-5
<アクセス>
最寄駅    JR横浜駅みなみ西口から徒歩5分

【会場地図】
 

 

<本件に関するお問い合わせ先>
DMM VR THEATER PR事務局 担当: 蓜島(ハイジマ)
TEL:03-5739-1059 E-MAIL:t.haijima@dmm-futureworks.com

 
  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. 株式会社DMM.com
  4. >
  5. 世界初のライブホログラフィック常設劇場にてPR・プロモーションでの”最新VR技術の活用法“をご提案