コネクテッド・カーの高度なサイバーセーフティを実現するセキュア・マイコンを発表

耐タンパ性を持つ車載用セキュア・マイコンが、データのプライバシーとシステムの整合性を保護

 

多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、コネクテッド・カーの安全性を実現する新しいセキュア・マイクロコントローラ(マイコン)を発表しました。コネクテッド・カーは、2020年までに1.5~2.5億台に達すると予測されています。

自動車のインターネットへの接続は、ソフトウェア更新、サービス・パック、位置情報に基づくサービス、ソーシャル・メディア、エンターテインメント・コンテンツのストリーミング、緊急時サポートなど、ユーザにさまざまなサービスを提供します。一方で、インターネット経由の攻撃による個人データの盗用や重要な車両システムへの不正侵入といった脅威からコネクテッド・カーを保護する必要があります。

STの新しいセキュア・マイコンであるST32G512AおよびST33G1M2Aは、市場をリードするSTのセキュリティ技術とノウハウを活用した保護機能を提供するだけでなく、最も厳格な車載用製品規格であるAEC-Q100にも準拠しています。コネクテッド・カーにおいて、セキュア・マイコンは、スマートフォンのSIMに似た方法で認証処理を行います。また、ST33G1M2Aの特別なハードウェアによって実装されたセキュリティは、車載用エンジン制御装置(ECU)およびゲートウェイに対する攻撃防止の「root of trust」となる組込みセキュア・エレメントとして使用することができます。ST33ファミリは、NFC SIMやNFC組込みセキュア・エレメントなどのアプリケーションで既に実績があります。

ABI Research社の発表によると、自動車のセルラー通信の半数以上が、STのセキュア・マイコン(ST32G512A、ST33G1M2A)などをベースとした基板に直接ハンダ実装された組込み型のSIMモジュールや、eUICCを経由して行われると予測されています。ABI Research社の取締役 兼 B2B担当バイスプレジデントであるDominique Bonte氏は、次の様にコメントしています。「セキュア・マイコン市場をリードするSTは、コネクテッド・カーおよび関連サービスにおいて、消費者の信頼を得るために必要な耐タンパ性を持った認証機能を提供する、理想的な地位を確立しています。自動運転技術には堅牢なセキュリティが不可欠です。自動運転技術が実現すれば、カーシェアリングやより身近な輸送サービスといったスマート・モビリティ構想が可能になるだけでなく、二酸化炭素排出量の低減や交通渋滞の緩和にもつながります。」

STのグループ・バイスプレジデント 兼 セキュア・マイクロコントローラ事業部ジェネラル・マネージャであるMarie-France Florentinは、次の様にコメントしています。「コネクテッド・カー技術には、ドライバーや搭乗者の生活の質を向上し、安全性を高めるための素晴らしい可能性があります。当社は、ユーザ保護に向けた最高のセキュリティの提供や、より革新的なコンセプトやサービスの開発サポートに積極的に取り組んでいます。」

STの新しいセキュア・マイコンは、コネクテッド・カーに加え、産業機器向けネットワークや資産監視など、過酷な環境下で使用されるM2M通信向け機器にも最適です。開発者は、互換性のある従来製品(ST32/ST33)で実証済みのソフトウェアを移植することにより、開発効率を高め、製品開発期間を短縮することができます。

技術情報
ST32G512AおよびST33G1M2Aは、ISO 7816インタフェースを含むSIMカードの主要規格に適合しています。ST32G512Aは、32bitのARM(R) Cortex(R)-M3プロセッサをベースにしており、アプリケーション性能の最適化に有効な、データ暗号化基準(DES)ハードウェア・エンジンを搭載しています。また、Flashメモリ(512KB)も内蔵しています。

ST33G1M2Aは、32bitのARM SecurCore(R) SC300(TM)プロセッサをベースにした、実績あるセキュア・エレメントで、極めてセキュリティレベルの高いCommon Criteria EAL5+セキュリティ認証に適合しています。これにより、物理的かつ論理的な攻撃に対する耐タンパ性が向上します。GSMアソシエーション(GSMA)によって推奨されているこの高レベルの認証は、簡単にアクセスすることができないM2M機器のeUICCのリモート・プロビジョニングや制御を可能にします。また、優れたセキュリティ機能として、ハードウェア・セキュリティ強化DESおよびAESエンジン、さらには公開鍵暗号用のNESCRYPTコプロセッサなども搭載しています。さらに、競合製品よりも、25%以上容量が増加したFlashメモリ(1280KB)を内蔵しているため、複数のセルラー・ネットワークへの接続を管理するために必要となる追加ストレージを利用することができます。

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、私たちの暮らしに欠かすことのできないエレクトロニクス機器に、優れた性能と高い電力効率を特徴とした半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。あらゆるシーンで活躍するSTの製品は、お客様が開発する次世代モバイルやIoT機器の他、よりスマートな自動車、工場、都市および住宅を可能にします。STは、生活をより豊かにする技術革新を通じ、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。STは、10万社を超えるお客様に半導体を提供しており、2015年の売上は69.0億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( http://www.st-japan.co.jp )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
マイクロコントローラ・メモリ・セキュアMCU製品グループ
TEL: 03-5783-8240 FAX: 03-5783-8216
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリースTOP
  2. >
  3. STマイクロエレクトロニクス
  4. >
  5. コネクテッド・カーの高度なサイバーセーフティを実現するセキュア・マイコンを発表